どっちに転んでも勝ち戦だった! 政界引退の橋下徹市長についた“驚愕のお値段”とは

どっちに転んでも勝ち戦だった! 政界引退の橋下徹市長についた“驚愕のお値段”とは

 大阪維新の会代表の橋下徹市長が政治生命を懸けて訴えた「大阪都構想」が、僅差で否決された。

 橋下氏は12月の任期満了をもって、政界引退を表明。早くもその動向に注目が集まっている。

 関西のテレビ業界では、故・やしきたかじんさんの“後釜”に据えようとする動きが活発化。19日付のサンケイスポーツでは、テレビ大阪『たかじんNOマネーBLACK』のプロデューサー男性による「これまでもご出演いただいていたこともありますし、また機会があればぜひお願いしたい」というコメントを掲載。東京スポーツでは、視聴率低迷が叫ばれるフジテレビの上層部が、早くも橋下氏の“囲い込み”を指示。平日昼のワイドショー番組で独走する宮根誠司の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に対抗し、橋下氏をメーン司会に起用した新番組を立ち上げたい考えが伝えられた。

 こうしたことからもわかる通り、橋下氏が仕掛けた「大阪都構想」は、どっちに転んでも橋下氏にとって勝ち戦にほかならない。在阪のテレビ関係者は「本人が一番自分の価値をわかっている。都構想が可決されれば、これまで以上権力を持つことができるし、否決されても第二の人生は磐石。テレビ出演、本の出版、講演会などオファーは引く手あまた。引退後の年収は一気に億超えは確実。CMなども含めれば、2~3億円は稼ぐのではないか? とウワサされています」と話す。

 抜け目のない橋下氏は政界引退後を見越して、すでに東京都内に不動産を購入しているという情報もある。

「いずれ国政に打って出るつもりなのか、タレントとして東京進出するつもりなのか。どちらにしても、政界引退後は家族で東京に移住するつもりのようです」とは政界関係者。

 大阪都構想の夢は崩れ去ったが、バラ色の人生が待っていることは間違いない。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年5月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら