新幹線焼身自殺の71歳男性、生前の奇行「窓ガラスを割って自宅に」「喫茶店にカエルの置き物」
拡大する(全1枚)

 新幹線初の火災事故……男性が車両内で焼身自殺し、巻き添えの死亡者も出した事件は、神奈川県警が建造物等放火に殺人容疑を加えたかたちで捜索令状を請求。捜査が進む中、聞こえてきたのは自殺した林崎春生容疑者(71)の生前の奇行だ。

 家宅捜索が始められた杉並区西荻北の自宅アパートは築50年近くの木造。近隣の住民は、訪れた取材陣に「(容疑者が)半年前に部屋の窓ガラスを割って室内に入った」と、林崎容疑者の奇行を証言。ひとり暮らしでおとなしく、近隣との付き合いはほとんどなかったというが、ほかにも奇行は目撃されていた。

 このアパートから駅に向かう途中にある喫茶店の店主は「おそらくウチに来ていた客」と話す。

「私の知人が(容疑者の)自宅のすぐ近くの別のアパートに住んでいて、割れた窓ガラスから出入りしているオジサンがいると聞いていたんです。その後、何度か来ていた客を“あの人だ”って教えてもらったんですが、店でも様子は変でした」

 店主によると、林崎容疑者と見られる男性は今年3月ごろ、喫茶店に入ってもすぐには注文せず、長々とメニューを眺めて黙ったまま。10分以上が過ぎて声をかけても「ありがとう」と返答するも、注文はしなかったという。

「その後、古い木製の四角い置き物を差し出して“これあげる”と言って店のカウンターに置いた」と店主。

「勘定は?」

 男性に聞かれた店主は、注文がなかったことを告げたが、男性は「お体に気をつけなさいよ」と言い残し、店を出ていったという。

「そういうことがもう一度あって、そのときはカエルの置き物を置いていきました。3度目に来たときはコーヒーを頼んだんですが、まったく飲まないまま。支払いはちゃんとしましたが、古い数珠のようなものを置いていきました。毎回こっちが断っても、そのまま置いていったんです」(店主)

 この様子から考えれば、正常な精神状態にはなかったようにも思える。新幹線での犯行前も車両内を往復し、乗客に1,000円札やタバコを差し出したという不審な行動が目撃された。

 また、気になるのは、昨年亡くなった近隣在住の80代女性が林崎容疑者と顔見知りで「あの人、福島県に被災者の親せきがいるらしくて」と漏らしていた話だ。

 女性の親族によると2011年の震災が起きたとき、林崎容疑者が「親戚の安否確認をしたい」と、福島県南相馬市原町区の住所メモを持ち歩いていたことがあったという。

「私は直接、その話は聞いていなかったんですが、当時は言動がおかしいという話はなかったです」と女性。

 原町区の後に続く住所も記憶されており、同地は被災後にかなりの家屋が倒壊、住民に避難指示が出されたところだが、もしかするとこれが手掛かりとなって、林崎容疑者の親族に連絡が取れる可能性もある。

 動機がわかっていない、この悲惨な事件は、メディアでは新幹線のセキュリティについて議論しているが、一方で、言動がおかしくなっても孤独なまま放置される高齢化社会の問題という見方もできそうだ。
(文=ジャーナリスト・片岡亮)