感染経験者が語る、ぎょう虫検査ラストイヤーへの警告「放っておいたら、どんどん増殖して……」

感染経験者が語る、ぎょう虫検査ラストイヤーへの警告「放っておいたら、どんどん増殖して……」
拡大する(全1枚)

 肛門にペタッと貼ってヒヤッとするぎょう虫検査。小学生時代、誰もが経験したあの検査が、今年でラストイヤーを迎える。文部科学省の学校保健安全法施行規則改正で、小学校のぎょう虫検査が、今年度で廃止になることが決まっているのだ。だが、今年小学1年生になる娘(7)を持つ中国地方の父親(37)は「数年間にわたり、ぎょう虫と寝食を共にしただけに、廃止には思うところがある」と、安易な廃止に警鐘を鳴らす。

 「娘の通う小学校からお便りがあり、開いてみるとぎょう虫検査の提出だった。今年が最後と聞き、どうかなぁと思います」と語る男性は、今から20年ほど前にぎょう虫に感染。「高校3年から大学2年までずっと体内にぎょう虫がいた」と語る。男性によると、受験勉強をしていた時、肛門の違和感に気付いた。「夜中に限ってなんだかムズムズする。夜10時すぎからですよ。椅子にダニか何かがいるのかなと思っていました。椅子のクッションの部分を調べてみても何もない。不思議だなと思った」。
 
 文科省は、1958年度に29.2%だったのが、衛生環境の改善に伴い、83年度に3.2%、13年度は0.2%と、ぎょう虫を保有する子どもがほぼゼロに近づいたことを理由に、ぎょう虫検査を必須項目から外すことにしている。

 男性は地方都市ながらも自宅は市街地のど真ん中にあり、トイレは洋式だった。周辺には肥溜めもなく、中流の家庭。当時は海外渡航歴もない、いわばごく普通の生活環境にあったという。「感染ルートはまったくわからない」と当時を振り返る。

 さて、受験勉強を続けていた男性だが、依然として深夜に尻がムズムズする。「椅子じゃなくて、パンツの中かと思い、触ってみたら糸くずのような細い白いものが取れた」。

 これがぎょう虫とのファーストコンタクトだった。「最初は糸くずだと思い、捨てていたが、毎夜毎夜糸くずが取れる。学校の理科の授業で使った拡大スコープで見てみると、頭部としっぽがある虫だとわかった。恐ろしいことに、ぎょう虫はひっ捕まえて観察している最中に産卵が始まる。にょろにょろと粒上の卵を何百個も数珠状に産んでから息絶える。気持ち悪いが生命の神秘っぽく感時、毎日観察していた」と、想像するだけでもゾッとする行動を続けていたという。

 そのうち、男性は大学に合格した。尻のムズムズ感は続いたため、近所の大学病院の内科を受診した。だが、男性は「医者からは『ぎょう虫なんて近年診たことがない。実家はぼっとん便所かね?』と気持ち悪がられるだけで、治療をしてもらえなかった」という。この間、男性の体内ではぎょう虫がどんどん増殖したらしく、「最後はウンコの中にも混じるようになっていた。ウンコを出しても出しても白いぎょう虫が混ざっていたので、どんだけの数が直腸にいたのか……」と、エラいことになってきた。そこで母親に相談したところ、心配した母親が知人の薬剤師から虫下しを入手し、それを服用してようやくぎょう虫が消え去ったという。

 「こうして長期間ぎょう虫の寄生体験をしただけに、娘の検査が来年からなくなるのは納得できないですね。ぎょう虫をナメてはいけない」。男性は声高に訴えた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「文部科学省」に関する記事

「文部科学省」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「文部科学省」の記事

次に読みたい「文部科学省」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク