ネクストブレーク芸人・おかずクラブが語る、「ブスいじり」の終焉と新たなる女芸人の道

ネクストブレーク芸人・おかずクラブが語る、「ブスいじり」の終焉と新たなる女芸人の道

 一度見たら忘れられないほどの強烈な個性を放つオカリナと、若手離れした驚異的な掌握力でトークをコントロールするゆいP。「おかずクラブ」は年末のネタ番組でブレークして以降、現在はトークやバラエティにひっぱりだこである。出世の階段を華麗に駆け上っているように見える2人だが、2度のメンバー脱退、下ネタ迷走期、公園野宿生活など、乗り越えた苦悩は数知れず。女芸人飽和状態の今、おかずクラブが見据える未来とは?

■ゆいPの憧れは、藤井隆

――年末の『ぐるぐるナインティナイン おもしろ荘』から、先日はあの『しゃべくり007』(ともに日本テレビ系)まで……。このブレークを、ご自身ではどのように分析していますか?

ゆいP たぶん『おもしろ荘』で優勝しなければ、今こうして取材していただくこともなかったと思います。1月の半ばくらいから、日テレ系の番組にオーディションなしで呼んでもらえるようになって。それから『ゴッドタン』(テレビ東京系)、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)と、他局にも……。そこで少なからず、私たちのことを覚えてもらえるようなことができたんじゃないかと思います。

オカリナ あまりにも早い展開に、自分自身がついていけてないのは否めませんが。

ゆいP よしもとは渡辺直美さん以降、(女芸人が)出てきてないっていうのもあったのかもしれません。ハリセンボンさんが9期生、渡辺直美さんが12期生で、私たちは15期生なんですけど、その間にいないんですよ。

オカリナ ちょうど、閑散期……っていう言い方はおかしいですけど、そんなにポンポン出てる時じゃなかったから。

ゆいP 大島さん(森三中)が産休に入っていたっていうのも、大きいと思う。

オカリナ 先日『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の温泉同好会に出させていただいたんですけど、森三中さんがフルメンバーそろっていたら、たぶん入れてもらえない枠だったんじゃないかなって。

ゆいP スタジオ収録の時に、森三中の黒沢さんが「自分たちが昔やってきたことを、こんなふうに楽しくやってくれてるのがうれしい」って言ってくださって、本当にうれしかったですね。

――『おもしろ荘』の優勝もあり、タイミングもあり、流れがキテると。

ゆいP これが1年目2年目で優勝していたら、もちろんネタが未熟だし、ありえないんですけど、今みたいな形にはならなかったんじゃないかなぁ。6年という芸歴が一応あって、全然順風満帆じゃなかったので。

――お2人が芸人になろうと思ったきっかけは、なんだったんですか?

ゆいP 今日、実はそのきっかけとなった人と初めてお仕事でご一緒したんですよ! 藤井隆さん! もう、キャラから何まで大好きで、憧れてるんです。

――あぁ、なんかわかるかも……。藤井さんとゆいPさんは、つながる感じはある……。

ゆいP 今日、そのつながった感じで小芝居ができたんです。NSCの願書にも「藤井隆さんに憧れてます」って書いてましたし、夢のようでした。私、芸人になろうと思ったの、大学4年の就職活動中なんですよ。2~3社受けた時に、ハッとなった。全然そんなことないのに「私はリーダーやってました~」みたいなウソがまかり通る世界じゃないですか。要領のいいヤツらが勝つ世界なんだって。だったら私はウソをつかず、自分の好きなことをやろうと。人を笑わせることは好きだったので。

――オカリナさんは、元ナースとお伺いしましたが。

オカリナ 私は宮崎から上京して看護学校に通っている時に、初めて『M-1』を見たんです。そこに出てたハリガネロックさんが本当に面白くて、「芸人になりたい」とひらめきました。人を笑わせることはできないけど、笑ってもらうことだったらできるかもしれないと思って。でも、その時には看護学校に通っていたし、卒業後は3年働くというレールがあったわけですよ。そこから外れるといろいろな人に迷惑かかるかなと思って、とりあえず看護師になりました。芸人を目指していることは、家族にも言えなかったですね。

ゆいP 無事NSCを卒業した後だよね、宮崎まで親に会いに行って「芸人になります」って宣言したの。お母さんビックリしてた(笑)。お母さんアレなんですよ、どうも山田花子さんとオカリナのイメージがかぶるみたいで……。

オカリナ 新喜劇で山田花子さんがどつかれてるのを見るだけで、涙ぐんじゃうような人なんですよ。そんな人に、「芸人になります」とか言えないじゃないですか。

――優しいお母様ですね……。

■NSC時代は、ヤバかった

オカリナ 私、小さい頃から、人が普通にできることができないんですよ。人の話も聞いてないし。なぜか私の行動をみんな笑ってて、なんでだろう……みたいな。そんな子だったので。

ゆいP 出会ったばかりの頃、公園でね、スズメが死にかけのセミをつついていたんですよ。それを見たオカリナが、いてもたってもいられなくなったのか、近くにあった木の棒でスズメを追い払ったんです。25歳ですよ。これはヤベぇなと。コイツと組みてぇなと(笑)。だって、こんな人いないですもん。

オカリナ いつもそんなに正義感があふれているわけじゃないんですけど、その時はなんかセミを助けてあげたかったんですよね。

ゆいP でも、道端にいる鳩に忍び寄って、足音で驚かせたりしてるのとか見ると、ちょっとイラッとしますね。子どもがやるようなことを30近い女がやってるんだと思うと、腹立っちゃって。

オカリナ 正直、大人だからやらないという意味がわからない。でも今はやりたいなという気持ちがあっても抑えてますし、だいぶ成長したと思います!

ゆいP いや本当、当時に比べたらだいぶマシになりました。遅刻をし、さらに携帯を忘れたオカリナが待ち合わせの駅に6時間突っ立ってたこともあったよね。

オカリナ 連絡しようがないから……。

ゆいP 後で同期から「オカリナが駅前で戦争孤児のように待ってる」って、メールが来た(笑)。変わってるんですよ。学校の近くだったし、知り合いを探して連絡するとか、方法はあると思うんですけど。

オカリナ だって、誰とも仲良くないし。

ゆいP もう、大変。大変です。

――もともとトリオだったとお聞きしましたが、やはりオカリナパワーを一人で受け止めるのはキツかったということでしょうか……?

ゆいP 最初から2人だったら、本当にキツかったと思います。最初に組んだ子がクッション役になってくれてて、なんとか保っていた。

オカリナ そうなんです。

ゆいP 真剣にネタ考えてる時に、トイレ行って寝てたりね。

オカリナ 寝たいって言える雰囲気じゃなかったんで、隠れて寝るしかなかったから。

ゆいP でも、その子が辞めちゃったんですよ。

オカリナ いま思えば、ネタできなくて公園で寝泊まりしたりしたのがツラかったのかもしれない。

ゆいP ゴキブリとか走り回ってたし、精神的にも肉体的にもキツかったのかもね。私たちとは違う感じで、オシャレもちゃんとしてたし、彼氏もいた子だし。そして、普通の体形だったし。

オカリナ ゆいPは、ストイックすぎるんですよ。

ゆいP 確かに、NSC時代はヤバかったです。始発で来て終電で帰ってた。どんだけ頑張ってたんだっていうくらい、頑張ってた。

オカリナ ただただ、ツラかったですね……。

ゆいP みんなが飲み会行ったり、男女で付き合い始めたり、なんなら付き合ってもないのにそういうことしてたり、そういう情報ばっかり聞いてましたけど、でも私たちはね、そういうことじゃないでしょ、何しにNSCに来てるんですか!? っていう。

――カッコイイ~!

■「エリカとすみれ」誕生秘話

ゆいP そんな尖った感じなのに、全身タイツにふんどし巻いてタオルで股をこするみたいな、訳のわからないネタをやっていたわけですけど……。

オカリナ NSCの時はそこそこウケていたネタが、卒業してライブでやってもウケないし、順位も上がらない。

ゆいP 外に出て初めて一般のお客さんの前でネタをやった時、知りました。このままじゃダメなんだなって。

――その状態から、どうやって立ち直ったんですか?

ゆいP 最初の子が辞めて、また新しい子が入ったんだけど、その子ともうまくいかなくて……。それで結局2人になってからだよね、何かを変えなきゃと思ったのは。

オカリナ 2人になってから作家さんがいろいろ手伝ってくれたり、アドバイスくれたりするようになったんですよ。その人がコンビとしてやっていけるように取り持ってくれたんです。それがなかったら解散してたかもしれない。

ゆいP 私たちの恩師、山田ナビスコさんです。いろんな取材で名前出すのに、カットされちゃうんですけど(笑)。“エリカとすみれ”のネタもコンビになってから作って、山田さんにアドバイスもらいながら、ちょっとずつ変えていったんですよ。

――「エリカとすみれ」は、どういう経緯で生まれたんですか?

ゆいP 私たちがいい女ぶった物言いをすると、「腹立つな~」って言われるじゃないですか。でも「腹立つ」って、女芸人にとっては最高の褒め言葉なので、そう言わせるコントを作りたいなと思っていたんですよ。こんな2人が合コンに来て「エステティシャンで~す」とか「アパレルやってま~す」とか言ったら、腹立つだろうな~と思って。そこから逆算してって感じです。

オカリナ 初めてだよね。山田さんに「そうだよ、お前らそういうことなんだよ」って言ってもらえたの。

ゆいP それから山田さんが、いろんな人に「おかずクラブ面白い」って言ってくださったんですよ。「おかずがいいように変わってきた」って。

――「エリカとすみれ」のネタがきっかけとなって番組に呼ばれると、ネタとトークの両方を求められるわけですよね。

ゆいP トーク番組は本当に怖いです。できれば出たくないと思ってました。

――どういう部分が一番怖いですか?

ゆいP 本来は、オカリナをどう生かすかまで私が考えなきゃいけないんですけど、今まではどうしても自分のことでいっぱいいっぱいで。ようやく最近ですよ。どういうフォローをしたら、オカリナが面白くなるのかに目が向くようになったのは。オカリナが言葉に詰まってたら助けないといけないし、この人、たまにみんなが知ってる体で自分しか知らないことを話すので、それを通訳しないといけないし。かなり勉強になってますね。

オカリナ 私は今までライブでもオチを任されることが多かったんですけど、それをちゃんとできないままここまできちゃって。いまだにオチを振られると、腰が引けちゃう自分がいる。もっとガツガツ行かなきゃいけないことはわかってるんですけど。

ゆいP ケースバイケースですよね。うまい人がイジってくれればなんでも面白くなりますけど、それでも最低限自分で取らないといけない部分は確実にあるわけで。それを見事に空振りしちゃうと……。

オカリナ 空振りどころか、振りもせず見逃し三振で終わってしまう。

――これからますます露出が増えたら、その分、雑に振られることも多くなりそうです。

オカリナ それが怖いんです。だって私、見た目だけですもん。面白いこと、何一つ言ってないんですもん!!

ゆいP でも、たまになんの気なしに言うことや、やることが面白いんですよ。腹立つわ~。

■おかずクラブが歩む、新たなる女芸人の道

――では、それも踏まえ(笑)、これからおかずクラブさんは、どういう芸人になっていきたいと考えていますか?

ゆいP そうですね、「女芸人」の道は、だいたい森三中さんが開拓してくださったと思いますので、私たちは私たちでちゃんとトークで笑いを取れる芸人になりたいです。見た目が面白ければ、まずは面白く感じてもらえるとは思うんですけど、それだけでやっていけるほど甘い世界ではないから。

――女芸人を容姿や体形の観点で笑うっていう時代も、徐々に過ぎ去っていますしね。

ゆいP 女芸人がお互いをブスいじりするようなネタは、飽きられてきてますよ。オーディションでも「またそのネタか」って言われる。「女芸人ね、はいはい自分たちの容姿イジるやつね」みたいな。その時点で、見る気うせるって。

――だからこそ、おかずクラブさんの“ツッコミなき世界”は、とても魅力的に感じます。

オカリナ ただ、どっちもツッコミができないだけなんですけど(笑)。

ゆいP 私たちのこの容姿を生かしつつ、ツッコミなしでどうやってボケればいいのか、これは今後の課題です。ただ「振り切れる」しかないのかな……とも思ってます。演劇なのかもしれない。いろんなアニメやドラマや映画の美しいシーンを、私たちが真剣に再現したら笑ってもらえたという。

――これからやってみたいことはなんですか?

ゆいP 『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の女子プロレス、めちゃ日本女子プロレスに出たいです! 出させてもらえたら、絶対盛り上げる自信あるよな! オカリナ!

オカリナ 私は……見たことないんですけど……。

ゆいP ホントね、こういう人なんですよ。

オカリナ 私はいつか『ワンピース』の映画に、ゲスト声優枠で出たいですね~。

ゆいP ……これ、書かなくていいですから! 
(取材・文=西澤千央)

●おかずクラブ第二回単独ライブ「もうどうにもとまらない」
日時:8月4日(火) 20:45開場/21:00開演
会場:東京・ヨシモト∞ホール
料金:前売1500円(全席自由)

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年7月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「博多華丸・大吉」のニュース

次に読みたい関連記事「博多華丸・大吉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「8.6秒バズーカー」のニュース

次に読みたい関連記事「8.6秒バズーカー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロバート」のニュース

次に読みたい関連記事「ロバート」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。