“高学歴自慢”福田萌のジレンマ 現場からは「タレントとして二流だから」の声

“高学歴自慢”福田萌のジレンマ 現場からは「タレントとして二流だから」の声
拡大する(全1枚)

 横浜国立大学出身で学歴自慢のタレント、福田萌への批判が止まらない。同じ大学出身の男性が「あなたが高学歴を自認するたびに、横国出身者は恥ずかしい気持ちになってんですよ!」とブログで訴えたことから、高学歴騒動が再燃している。これを受けて、横国大出身が高学歴かどうかの議論まで起こっている。

 そもそもは福田が、夫のオリエンタルラジオ中田敦彦も慶応義塾大卒ということで、「私たち夫婦は、自分の力で学歴をつかみ取ってきたという誇りがあります」と発言。この自慢が視聴者の鼻について、ネット上で批判が巻き起こった。出身大学のレベルはさておき、福田が嫌悪される理由は「タレントとしては二流であることが一因」と、テレビプロデューサーは語る。

「同じ大卒を売りにしたインテリキャラの眞鍋かをりは、コメントひとつひとつが面白い。でも、福田さんは立ち位置が中途半端で、少し前はインテリじゃなく腹黒キャラで売っていた。子どもができたら急にママタレ路線になったり、使う側から見ると何が売りなのかよくわからない」(同)

 そんな厳しい声が聞かれる福田は横国大時代、ミスキャンパスに選ばれて芸能活動をスタート。お天気キャスターやドラマ出演などを経て、クイズ番組でその見識を披露したこともあったが、プロデューサーが指摘したように、出演番組によっては“腹黒キャラ”になっていた。3年前に結婚してからは露出も減り、“オリラジ中田の嫁”のほうが通りがいいくらいだ。

 ただ、「福田さんのインテリぶりは本物」と前出プロデューサーはフォローする。

「クイズ番組の正解シーンやウンチクを披露する場面は通常、タレント側の要請で事前の仕込みによる演出が大半。この世界はエセインテリだらけなんですけど、福田さんはよく予習して収録に来るので、台本なしで“正解”できる実力者」(同)

 しかし、それがタレントとしてのブレークにつながらないのが、この業界。

「もっといえば、原因は学歴自慢する彼女のプライドの高さにもある。たとえば菊川怜は東大卒でも、失言で周囲の笑いを取ったりメリハリがあるけど、福田さんはプライドが高すぎて頑なに自分を崩さない。それは出演料にも表れていて、かなり割高。そうなると、ガチで賢くなくても仕込みでインテリを演出できる女性タレントがいくらでもいる」(同)

 テレビ界はヤラセ当たり前の世界だけに、いくら賢くても、それが実力だとわかるのは舞台裏の人間だけ。そのジレンマが自らの学歴アピールになって現れたというなら、ちょっと悲しい話だ。
(文=ハイセーヤスダ)

当時の記事を読む

福田萌のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「福田萌」に関する記事

「福田萌」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「福田萌」の記事

次に読みたい「福田萌」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク