早くも『紅白』出場内定! “けん玉演歌歌手”三山ひろし「バーニングの猛プッシュで」

早くも『紅白』出場内定! “けん玉演歌歌手”三山ひろし「バーニングの猛プッシュで」

 NHK白歌合戦』の出場メンバーが決まるのは年末が近づいた11月ごろの選考会で、というのは表向きの話。実際にはそれよりはるかに早い段階で「内定」が決まるといわれており、この夏に早くも出場が内定したとささやかれるのが、けん玉演歌歌手として売り出されている三山ひろしだという。

 NHK関係者によると「バーニングの猛プッシュで、夏から秋にかけて大々的な露出があり、“話題の人気歌手”という地固めをしてから初出場を決める流れになりそう」という。

 ステージでけん玉を披露しながら歌う三山は最近、情報番組などに連日露出。スポーツ紙でも扱われることが増えており、バーニングプロダクションによるゴリ押しという話も納得の状況だ。

 三山は2007年の日本クラウンによる新人オーディションで準グランプリとなり、09年のデビュー曲「人恋酒場」がヒット。12年に発売された5枚目のシングル「男のうそ」はオリコン演歌チャート1位となっているが、一般的な知名度はさっぱり。2年前から始めたというけん玉で二段を取得すると、歌いながらけん玉を披露する「けん玉演歌歌手」として売り出されるようになったが、世間がそれに食いついている印象はない。

 しかし、今年に入ると、ビジュアル系バンド「ダウト」のボーカル幸樹や、ロックバンド「This is Not a Business」、3人組ヒップホップグループ「クリフエッジ」と次々に強引なコラボ。とても需要があるとは思えない組み合わせだが、いずれもスポーツ紙や音楽媒体の大きな記事になっている。これには、大手事務所の“ご加護”を感じずにはいられない。

 『紅白』出場に関しても、早くから「出場がかなったら、紅白二刀流のけん玉を操る新技を見せます」と、ことあるごとにアピール。三山が、歌とまったく関係のないけん玉をアピールすればするほど、本業の歌の“弱さ”が引き立つところだが、それでも来月発売の新曲ではジャケット写真で紅白のけん玉を手にポーズを取るなど、芸能界の大権力に敷かれたレールの上を疾走中だ。

 明確な選考基準がない『紅白』は、そのキャスティングにバーニングプロ・周防郁雄社長が絶大な力を持っているとされる。『紅白』は毎年、ゴリ押しされるアーティストが不自然に出場を決めることが恒例となっており、数年前に小林幸子が事務所トラブルで落選したのも、新参入歌手のために仕掛けられたバッシングだともっぱら。三山が今年のゴリ押し枠として出場を内定させているのであれば、逆に誰が蹴落とされるのか、芸能界では密かに話題となりつつある。
(文=ハイセーヤスダ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 紅白歌合戦 米津玄師
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年7月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「紅白歌合戦 + 米津玄師」のおすすめ記事

「紅白歌合戦 + 米津玄師」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP×SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP×SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら