フジテレビ名物“あべちよ”こと阿部知代が、ついにアナウンサー引退! 美熟女写真集を自費出版か!?
拡大する(全1枚)

「もうあの勇姿が見れないかと思うと……。残念でなりません」

 そう沈痛な面持ちで語るのは、テレビ関係者だ。

 フジテレビが誇る独身美熟女アナウンサーの阿部知代アナ(52)が、人知れずアナ職から外されていたのだ。6月末の人事で編成制作局アナウンス室から報道局に異動。現在の役職は「報道局マルチデバイスニュースセンター シニアコメンテーター」で、今後は番組には出演しない見込みという。

 阿部アナと言えば「あべちよ」のニックネームで知られ、今年で入社30年目の“重鎮”。前出テレビ関係者は「日テレテレ朝では、お局アナが幅を利かせ、女子アナ特有の縦社会を重んじる傾向にある。一方の阿部さんは誰にでもフレンドリーな上に、自身が最もファンキー。『あべちよさん、あべちよさん』と後輩からも慕われていますよ」と話す。

 阿部アナといえば、有名なのは、そのこだわり抜いたファッションだ。

 衣装の数は数千点にのぼり「どんなに高い服でも、パーティーで1回着たら、もうその服は二度と着ないそうです。自宅マンションには衣装部屋がいくつもあるそうですから、演歌歌手と変わりませんよ」(同)

 “あべちよコレクション”の真骨頂は結婚式だ。

 “アヤパン”こと高島彩アナや、さまぁ~ず・大竹一樹と結婚した中村仁美アナなど、後輩の披露宴にはド派手衣装で“出陣”。

「背中部分がザックリ空いていたり、ノーブラで推定Fカップの“熟乳”を強調したセクシードレスを着たり……。局内でも彼女のここ一番の衣装を期待している人は多いですね(笑)。本人もソノ気がないわけではなく、スポーツ紙や週刊誌に写真をお願いされても断らない。それどころか、クルっとターンしてモデルポーズを決めてくれます」(週刊誌記者)

 一時期、ある出版社が写真集発売に動いたこともあったという。

 阿部アナは2012年から今夏まで・ニューヨークに滞在。平日朝の人気情報番組『めざましテレビ』などで、現地から中継リポートをしていた。同局関係者によると「大都市マンハッタンで金髪男性と楽しく優雅に暮らしていた。向こうでもフェロモンを撒き散らしていたみたいですね」という。

 一部では帰国後、本人が“最後の夢”とばかりに“あべちよコレクション”を収めた美熟女写真集を自費出版するという情報もある。金銭的な事情でフリーに転身する女子アナも多い中、社員として独身生活を謳歌している阿部アナは、局アナ最後の希望かもしれない――。