「ハリルじゃヤバい!」サッカー元日本代表選手たちが“異例”の監督批判 中国戦次第では解任の可能性も……

「ハリルじゃヤバい!」サッカー元日本代表選手たちが“異例”の監督批判 中国戦次第では解任の可能性も……

「経歴は断トツ」「掘り出し物」と大手メディアにもてはやされていたサッカー日本代表のバビド・ハリルホジッチ監督のメッキが、早くもはがれ始めている。

 前回大会王者として参加したEAFF東アジアカップ2015だが、ハリルジャパンは、初戦で北朝鮮に1-2の逆転負け。しかも、アンラッキーな敗戦ではなく、完全な力負けだった。

 試合後、ハリルホジッチ監督は「日本のフットボールに関わる責任ある人たちは、何が起こったのかを見ないといけない。これが日本の現状だ」と逆ギレする始末。さらに、翌日の練習では、日本サッカー協会(JFA)の大仁邦彌会長の元へ歩み寄り、「日本人はフィジカルが強くない」と、元も子もない言い訳をしたというから驚きだ。

 続く韓国戦でも、前半から韓国に完全にゲームをコントロールされる。ブロックを作って殻に閉じこもり、ファウルを繰り返す日本は、まるで強豪国と試合をしているようだった。「後半はよくなった」という声もあるが、これは前半がひどかっただけ。主導権は韓国にあり、1-1で引き分けるのがやっとだった。ハリルホジッチ監督もそう感じていたようで、引き分けに胸をなで下ろした発言をしている。

 期待を裏切り続ける体たらくなハリルホジッチ監督に対し、元日本代表選手たちがブチ切れている。

 武田修宏氏は東スポの記事で「はっきり言って、日本サッカーに合っていないよ。推定年俸2億円ももらっている監督が、同じ失敗を繰り返すのはどうなのかな」と批判する。柱谷哲二氏は、より辛辣に「韓国戦後に、韓国が自分たちより(フィジカルが)上だと言ってるけど、日本代表をなめた発言だ」と発言。とあるサッカーライターは、「これは異常事態です」と指摘する。

「多くの元日本代表選手が、JFAと仕事をする機会が多いため、オフレコでは辛辣な批評を行っても、公の場では代表監督を批判することはなかった。にもかかわらず、このタイミングでこれだけ批判が出てきているということは、多くのサッカー関係者がハリルホジッチ監督の能力に対し、懐疑的になっているという証拠です」(同)

 北朝鮮戦後、大仁会長は、残り2試合の結果次第では、解任の可能性もあると示唆していた。次回、中国戦で敗れることになれば、ハリルホジッチ監督の首が飛ぶかもしれない。まさに、「絶対に負けられない戦いがそこにはある」になってしまった。
(文=TV Journal編集部)

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年8月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。