覚せい剤中毒から更生中のチャゲアス・ASKA、西麻布で女子アナをナンパしていた!
拡大する(全1枚)

 昨年9月、覚せい剤取締法違反などの罪で、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定したCHAGE and ASKAのASKA。その後、薬物依存症更生施設「静岡ダルク」に入寮し、昨年12月中旬には、都内で開かれたダルク主催のクリスマスパーティに参加した。
 
「進行役の元タレント・田代まさしの呼びかけで『SAY YES』をステージで熱唱したといいます。最近は家族に迷惑をかけたという自責の念にさいなまれ、体重は10キロ増加、一時期は円形脱毛症に悩まされていたと報じられています」(芸能記者)

 そんなASKAの近況はなかなか伝わってこなかったが、今年の夏、意外なところで目撃されていた。女性誌ライターが明かす。

「ある女性が西麻布の交差点に立っていたところ、中年男性からナンパされたそうです。女性は別の男性と待ち合わせしていたため、相手にしなかったのですが、声をかけてきた男性をよくよく見たら、なんとASKAだった。面白いのはここから。ASKAがナンパしたこの女性、テレビ東京の白石小百合アナだった。本人も『驚いた』と言って笑っていたそうですが、『準ミス法大』に選ばれたこともある美女が目に入り、ASKAもつい声をかけてしまったんでしょう」

 全盛期ならいざ知らず、今のASKAでは、残念ながら「SAY YES」の返事はもらえなかったようだ。