家入レオを復活させた名門・研音の“ゴリ押し”タイアップ術とは

家入レオを復活させた名門・研音の“ゴリ押し”タイアップ術とは

 シンガーソングライターの家入レオが、今年夏に放送された月9ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)の主題歌「君がくれた夏」のスマッシュヒットにより、アーティストとして再注目を集めている。これは、所属事務所である研音の復活劇ともいえそうだ。

 家入は、2012年にシングル「サブリナ」でビクターエンタテインメントよりデビューを果たし、同年に発売したファーストアルバム『LEO』は累計15万枚以上の売り上げとなった。まさに鳴り物入りといえるスタートを切った家入だったが、その後は地味な音楽性が大衆受けせず、迷走期へ突入していたという。

「セカンドシングルの『Shine』あたりは勢いもあったし、彼女の瑞々しい音楽性は同世代の女性はもちろん、中高年の音楽好きにも訴求するような憂いがありました。しかし、翌年からは徐々に売り上げが低迷していきます。その後、14年にアルバム『a boy』をリリースした後に全国ツアーを開催して、しばらく新譜のリリースが途絶えますが、この全国ツアーは実質的にはドサ回りの意味合いも強かったと思います。事務所としても、どう次の一手を打っていくか、迷いがある時期だったのではないでしょうか」(音楽業界関係者)

 所属事務所の研音もまた、不調の時期だったという。

「研音はとにかくタイアップで露出を増やしてタレントの知名度を上げる戦略を得意とする事務所でしたが、09年に所属タレントの絢香と水嶋ヒロ結婚し、水嶋が同社を辞めたあたりから、うまく歯車が回らなくなっていきました。2人の結婚は多くのタイアップ業者に多大な影響を与え、翌10年にワーナーミュージック・ジャパン社長兼CEOだった吉田敬さんが自殺した事件にも、その余波があったと見る向きもあります。タイアップ戦略が“ゴリ押し”と取られることも多くなった印象です。家入がしばらくブレークできなかったのも、タイアップが不調だったから、という面もあるでしょう」(同)

 しかし、15年からの家入は怒涛のタイアップ戦略を行い、結果として『恋仲』の主題歌を獲得、ヒットへとつながった。研音の黄金パターンの再来である。

「とにかく『恋仲』は内容がチャラくて、良くも悪くも大衆受けは抜群でした。そして、家入の『君がくれた夏』もまた、初期の少しとがった音楽性は微塵も感じられないほど甘ったるいバラードで、『恋仲』の世界観にピッタリだった。変にアーティストぶるよりも、素直で、彼女にはこうした路線が合っていたんだと、つくづく思いますね。研音も得意のタイアップで彼女をヒット歌手へと育てられて、万々歳でしょう」(同)

 家入が、ドラマの終了とともに忘れられていく歌手にならないことを祈りたい。
(文=山下祐介)

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。