「フリースタイルバトルは格闘技!」 話題の深夜番組『フリースタイルダンジョン』演出家が明かす、“戦場”の裏側

「フリースタイルバトルは格闘技!」 話題の深夜番組『フリースタイルダンジョン』演出家が明かす、“戦場”の裏側

 いま、深夜番組『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)が騒がしい。Zeebraがオーガナイザーを務めるフリースタイル(即興)ラップのMCバトル番組で、「チャレンジャー」たちが、般若を“ラスボス”とする5人の「モンスター」に挑戦し、賞金獲得を目指す。

 昨年9月から放送が開始され、コアな題材にもかかわらず、YouTube公式チャンネルの再生回数は約900万回を突破。ヘッズ(ヒップホップファン)以外にも、確実に番組中毒者が広がっている証しだ。特に第9回(11月24日)の放送で行われた般若 VS 焚巻は、大反響を巻き起こした。

 1月からは、いよいよRec4が開始。ますます盛り上がりを見せる中、演出を担当する岡田純一氏に、その人気の秘密や舞台裏、そしてヒップホップを知らなくても楽しめる見どころなどを、テレビウォッチャー・てれびのスキマが直撃した。

――僕は今までヒップホップにはぜんぜん興味なくて、むしろ苦手なくらいだったんですけど、最近会った複数の人に立て続けに『フリースタイルダンジョン』はヤバいって薦められて見たら、本当にスゴくて。岡田さんは、もともとヒップホップ好きだったんですか?

岡田純一氏(以下、岡田) 番組が始まるまでは、広く浅く嗜む程度でした。今はズッポリはまってます。

――企画は、すんなり通ったんですか?

岡田 いや、すんなりは通ってないです。ラップのバトルって、放送禁止用語が出てくるじゃないですか。それを、どうやって地上波で放送するかっていうのが一番の課題で。禁止用語を絶対に言わないっていうルールを決めて、なんとか企画が通ったって感じですね。で、うっかり言っちゃたら、演出上、「ピー」音ではなく、「コンプラ」(という表示)で消しましょうと。「テレビ局はコンプライアンスでうるさいっていうのを逆手に取ろう」っていう発想です。

――演出面でいえば、ラップにはすべてテロップを入れてますね。「トラブル」に「虎舞竜」と当てたり、芸が細かいなと(笑)。

岡田やっぱり、テレビでやるからには、わかりやすく伝えなければという思いからです。正直、僕なんか、一度聞いただけじゃ、なんて言ってるかわからないですから。実際にテロップを入れてみると、実は壮大な物語が語られていたとか、意外な発見がたくさんある。一部の方からは「(テロップを)見たくない」って意見もあったりするんですけど、いうてもテレビなんで、極論お母さんにも楽しんでもらいたいですからね。

 だから、審査員の方たちは本当にスゴいなって、よく聞き取れてるなって驚いてます。で、大変なのはADさん。何度も聞き直して全部書き起こして、本人に一回「これで合ってますか?」って投げて、赤ペン入れて戻してもらって、あのテロップが出来上がっているんです。そのADさん、今ではどっぷりヘッズになってます(笑)。ちなみに、「虎舞竜」はR-指定からの赤字リクエストです。

――「モンスター」に「チャレンジャー」が挑戦するという形式にしたのは?

岡田 タイトルが「ダンジョン」ということもあり、「RPG的な要素を入れたいね」っていう、Zeebraさんのアイデアです。『BAZOOKA!!!』(BSスカパー!)の「高校生ラップ選手権」との差別化じゃないけど、ゲーム的な世界感を出せたらいいなって。「クリティカルヒット」(審査員が全員一致の場合、一発で勝敗が決る)という番組オリジナルルールも、ゲーム性が出る部分ですね。ほかのMCバトル大会では、ドローで延長っていうのがあるんですけど、ウチはそこをなくしたんで、審査員さんがドローと思っても、どちらかを選ばなきゃいけない。なので、僅差なのに一発で勝敗決まっちゃうこともあるスリリングさが、ジャッジのポイントになってるんじゃないですかね。ルールに関しては、すでにZeebraさんの中で出来上がってましたから、さすがですね。

――審査員のキャスティングも絶妙で、特にいとうせいこうさんの存在が大きいですよね。『源氏物語』を引き合いに出したり、「本洒落と駄洒落の違い」を解説してくれたり、僕のようにヒップホップに詳しくない人に翻訳してくれてる感じで。

岡田 審査員の皆さんは、先生だと思ってます。毎度わかりやすく解説していただいて、助かってます。「なんでこの判定なの?」ってところを、納得させてもらってますね。チャレンジャーやモンスターのキャスティングも、基本的にはZeebraさんです。でなければ、般若さんも出なかったと思いますね。モンスターはみんな、リスクを承知で引き受けてくれています。バトルに負けた後なんて、声かけられないですからね。申し訳ないなと思いつつ、毎回1STバトルで勝たれると、今度は放送尺が足らなくなっちゃう。ジレンマですね。でも真剣勝負なんで、毎回何が起こるか本当にわからない(苦笑)。

――なんといっても、「般若VS焚巻」の回はスゴかったですが、現場で見ていてどうでしたか?

岡田 いやー、震えましたね。本当に。予算のない番組なんで、賞金100万円出たらどうなっちゃうんだろうって(笑)。

――そっち!(笑)

岡田 それもありつつ、約7年ぶりにフリースタイルバトルに出る般若さんの鬼気迫る感じとか、めちゃくちゃカッコ良かったですね。あの回は本当にすごかった。プロデューサーが、たまらず酒を買いに走るっていう(笑)。そのくらい、スタッフのみんなも興奮させてくれたバトルでしたね。僕はいつもフロアで見てるんですけど、お客さんと一緒に叫びましたね。ほえました。「100万円守ったー」って!(笑)

――やっぱりそこ!(笑)

岡田 Rec1では最高賞金50万円だったんですけど、収録を終えて、プロデューサーに「めったに100万円出ないし、目標は大きいほうがいいから、賞金100万円にしてくれ」って頼んだんです。そしたら、Rec2でまさかの般若戦っていう。余計に焦りましたね(笑)。でも、いずれは100万円を手にする人が出てほしいなとも思ってますよ(笑)。

――あの対戦があれだけ盛り上がったのは、やっぱりそれまでの積み重ねが大きかったと思います。CHICO CARLITOが直前まで追い詰めて緊張感が高まっていたり、般若さんが“通訳”を使って、それまで一切しゃべらないっていう演出だったり。

岡田 あれは、般若さんの希望で。一切しゃべらないでテレビに出ることが、10年くらい前からの夢だったそうです(笑)。般若中継では、犬の喜多川景子が出たり、失踪していたO.G(おじ)さんが出てきたり……。この先いったいどうなるんだろうと、楽しみと不安でいっぱいです(笑)。

――Rec2で般若さんを出してしまったからか、Rec3でモンスターたちがギアチェンジした感じで。

岡田 特に、T-PABLOWの成長っぷりがすごいですね。バトルの内容も、素人目にもぜんぜん違うなって。この番組は、彼らの成長を見る、ドキュメントみたいな要素もあるのかなって思いますね。Rec3はとにかくみんな気合が入っていて、どんどん挑戦者を負かしちゃうんで、「あれ? これはこれで、今度は放送尺が足りなくなっちゃうぞ」って(笑)。掌幻戦でほっとする自分がいたり……これが制作の哀しきジレンマなんです。般若さんに出番を回すまいとするモンスターたちの気迫、チームの絆が強くなったりと、いろんな方面で、影響を与えたバトルでしたね

――放送には乗っていないけど、印象的なシーンなどは?

岡田 いや、それちょっと記事にできないことばっかり(笑)<※以下、「コンプラ」でカット>。真剣勝負でやってるからこそ、いろいろあるんですよ。

――YouTubeでも再生回数900万回を超え、一般層にも広がりを見せていますが、何かきっかけがあったのでしょうか?

岡田 いろいろな芸能人の方が、SNSで番組についてリアクションしてくれたことが大きいですね。カンニング竹山さんが「ラップは全然わかりませんが今観ているフリースタイルダンジョンがクソおもしろい」とTwitterでツイートしてくれたことで一気に広がって、ほかにも、アジカンの後藤さんや、湘南乃風のSHOCK EYEさん、一番驚いたのは北川景子さんです。「時代きたー」と確信しました(笑)。

――ヒップホップをよく知らない人には、どんなところを見てほしいですか?

岡田 そのまんまなんですけど、バトルです。バトルを見れば、そのスゴさがわかるっていう。ラップとして見るんじゃなくて、どう韻を踏むのか、頭の体操的な要素で見てくれてもいいと思いますし、いろんな見方ができると思うんです。僕は、フリースタイルバトルは格闘技だと思っているので、格闘技中継を意識して番組作りをしています。あと、般若劇団の行く末ですかね(笑)。
  
――音楽番組がなかなか放送されない中で、バトル以外にも、ゲストによるライブも挟んでいますね。

岡田 これは、Zeebraさん、たっての希望なんです。バトルはできなくてもラッパーとして一生懸命頑張ってる人がいて、いい曲もってるのに、テレビには出られない、CDは売れないって人がたくさんいて。そんな人たちにチャンスを与えたいという、ヒップホップには夢があるんだっていう、Zeebraさんの熱い思いがベースにあったからこそのコーナーです。Rec1一発目の挑戦者、Dragon Oneが、今度はゲストライブで登場するって、ヒップホップドリームじゃないですか?

――1月から始まったRec4の見どころは?

岡田 新システムを導入して「隠れモンスター」がどこかで出てきます。まだ誰かは言えないんですけど、あっと驚く人が出てくるので、お楽しみに! さらにヤバい挑戦者もどんどん出てきて、濃厚キャラクター祭りです。Twitterで出せ出せ言われていたアノ人も出てきます。挑戦者の年齢幅を拡げたので、ますますヤバい人が出てきそうです。本当に100万円出ちゃうかもしれません!
(取材・文=てれびのスキマ)

●テレビ朝日『フリースタイルダンジョン』
毎週火曜 深夜1:26~1:56 
メインMC&オーガナイザー/Zeebra
進行/UZI
モンスター/般若、漢 a.k.a. GAMI、サイプレス上野、R-指定(Creepy Nuts)、T-PABLOW
番組公式HP http://www.tv-asahi.co.jp/freestyledungeon/
YouTube公式番組ページ
https://www.youtube.com/channel/UCpW67m9qez6GUd5-gbWS9Ag

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2016年1月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。