カンニング竹山謝罪に見る事務所危機、石坂浩二いじめの真相、マーク・パンサーとマルチ商法……週間芸能ニュース雑話

カンニング竹山謝罪に見る事務所危機、石坂浩二いじめの真相、マーク・パンサーとマルチ商法……週間芸能ニュース雑話

デスクB ベッキー不倫報道に関して、同じサンミュージック所属のカンニング竹山が“代表”で謝罪してたね。

記者T 『ノンストップ!』(フジテレビ系)ですね。「社長じゃないので代表してもおかしいんですけど」って恐縮してましたよ。

デスクB もともとベッキーに対して「あいつは真面目」「許してあげてくんねえかなあ」とラジオで言ってた。心配も含めての今回の発言だったんだな。

記者T それにしても、ベッキーが当分休業を発表しちゃって、サンミュージックの“売れっ子”は、それこそカンニング竹山くらいしかいなくなっちゃいましたね。

デスクB 塚本高史小島よしお、千葉県知事の森田健作……有名どころはいるにはいるが、コンスタントにCM・バラエティってなると竹山とベッキーだけだな。大きな屋台骨が1つ失われたのは間違いない。

記者T スポンサーへの違約金とか予定していた予算とかで5億円の損失だって話もありますよ。竹山自身もラジオで「そりゃいろいろね、マズイことになりますわ」と、所属事務所の今後を不安視しています。

デスクB 竹山からすれば「自分が倒れたら終わりだ」って感じなのかな。サンミュージックも戦々恐々だ。

記者T サンミュージックといえば、思い出されるのは、2009年に酒井法子が覚せい剤取締法違反で有罪になって、押尾学とともに芸能界の薬物汚染の象徴になって……。この事件に比べれば、不倫というのはまだ軽い問題のような気もするけど、社会に与えたインパクトでは互角。本当にツいてないですね。

デスクB 単なる騒動じゃなく、社会的にインパクトを与えるような事件なんだな。逆に言えば、それだけ人気タレントを作るノウハウを持ってるってことでもあるんだろうけど。

記者T 小島よしおとか髭男爵とか“一発屋芸人”を売り出す技も持ち合わせてます。でも、それもやっぱり“ベッキー”という大黒柱があったからこそ、ということだったんでしょう。

デスクB サンミュージック関係者も「今度ばかりはシャレにならない」って言ってたようだし、社員とタレントのリストラをするって話もある。「倒産」って話もジョークにならないよ。


デスクB テレビ東京が何やら騒がしいようじゃない。

記者T 『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の件ですね。俳優で同番組の司会の一人でもあった石坂浩二が「いじめ」にあっていたっていう。

デスクB 2年間、石坂のアップや発言場面がカットされてたんだろ。なんともヒドい、陰湿なことするもんだね。

記者T 制作サイドは「視聴率不振と、20年以上たった番組の刷新が目的」とか言ってるけど、だったら降板させりゃいいだけの話。「女性自身」(光文社)がスクープしている「ある酒席で番組内容をめぐって石坂と口論になったことなど」が原因なんでしょう。

デスクB 芸能界の大御所だし直接はいえないけど、番組の発言をカットして「いないこと」にしてやろうってことか。いやはや、幼稚だな。

記者T 『なんでも鑑定団』は、もともとあの島田紳助さん司会でスタートし、テレ東を代表する番組の一つでしたからね。まさかその番組で、こんな“闇”の部分があったとは驚きです。「長期政権」ってのは、必ずひずみを生むものなのかなあ。

デスクB テレビ東京は最近、視聴率も視聴者満足度も高くて絶好調。昨年はゴールデン帯の週間視聴率でフジテレビを抜いたこともあったりとイケイケの状態。ノリに乗ったことで態度も変わってきたのかもな。

記者T あー好調な局の状況に、勘違いしてデカい顔するプロデューサーとかはいそうですよね。現在は好調ですけど、テレ東もいつどうなるかなんてわからないと思うんですけど。

デスクB 一寸先は闇だよ。フジテレビだってちょっと前まで視聴率王だったんだ。テレ東も制作サイドがこんな感じなら、長くは好調ももたないかもな。

記者T 後任はフリーアナウンサー福澤朗だそうです。

デスクB また、ジャストミートしてない配役だな。


記者T 音楽ユニット・globeのマーク・パンサーが、新しい3人組ユニット「EDO」(イー・ディー・オー)を結成したそうですが……。

デスクB な、なんだその今さら感は。

記者T 1stシングルは、滝廉太郎作曲の唱歌「荒城の月」をEDM化した「The Moon over the Ruined Castle」で、メンバーはGACKTの楽曲などを担当する音楽プロデューサーのダイチ・ヨコタと、音楽演出などを手がけるアルゼンチンと日本のハーフ、クラウディオだそうです。

デスクB 国際色豊かというよりは、なんかひたすら胡散臭いんだが……需要あるのかね。

記者T さあ、どうでしょうか(笑)。あ、マーク・パンサーで胡散臭いといえば……。

デスクB 俺も思い出したよ、マルチ商法だな。

記者T 2007年、マークが副社長をしている「株式会社MARC-2」って会社が、健康食品を紹介して会員を増やしていたってやつです。完全なるネットワークビジネスってことで大きな話題になりましたね。

デスクB 会社のHPには、質問に答えるマークの妙なやり取りが記載されてるんだよな。「だってマルチ商法なんでしょ?」って質問に「違うよ。全然違うよ」って答えてて、この「違うよ。全然違うよ。」がネット上で流行語になったんだよ。

記者T  どうしてもあのイメージが強くて、今やマークが新しい行動を起こすたびに怪しい勘ぐりをしてしまいます。

デスクB 集めたメンバーもメンバーだからね(笑)。GACKTがらみってなると余計に……。

記者T  今度、直撃取材でもしてみますか。怪しい感じがするんですけどって。

デスクB 「違うよ。全然違うよ」っていわれるだけだろう。時間のムダだよ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2016年1月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュース

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュース

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。