『ワンピース』オタク公言のファンキー加藤、「生まれてくる子どもに罪はない」発言は漫画の引用か!?

『ワンピース』オタク公言のファンキー加藤、「生まれてくる子どもに罪はない」発言は漫画の引用か!?
拡大する(全1枚)

 W不倫が報じられ、7日に謝罪会見を行ったアーティストのファンキー加藤。そこでの「生まれてくる子どもに罪はない」いう発言が、人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』(集英社)のセリフを引用したものではないかとの指摘が相次いでいる。

 会見で、アンタッチャブル柴田英嗣の元妻・AさんとW不倫関係にあったことを認め、妊娠中のAさんの子どもについて「もう認知しています」と説明した加藤。報道陣から、Aさんに「産みたい」と言われた時の心境を問われると、「最初は戸惑いました。だけど、やっぱり生まれてくる子どもにはなんの罪もないので、少しずつ誠心誠意向き合っていこうという気持ちになりました」と答えた。

 ワイドショーは、この部分を繰り返し放送。ネット上では、「何言ってんだよ! 子どもに罪がないのは、当たり前だろ!」「誰も罪があるなんて言ってないのに、この発言はヤバい」「子どもに罪はないなんて、皆わかってるっつーの」と批判が殺到。自分の心境を聞かれたのに、わざわざ「子どもに罪はない」と付け加えたことに、違和感を覚えた視聴者は多かったようだ。

 この発言について、一部ネット上では『ワンピース』56巻に登場する海賊王のゴール・D・ロジャーの名言ではないかとの臆測を呼んでいる。漫画では、囚われの身となったロジャーが、これから生まれる息子・エースのことをルフィの祖父・ガープに頼む際、「生まれて来る子に罪はない!! ガープ!! おれの子を頼んだぜ!!」と発言している。

「加藤の『ワンピース』オタクぶりは、ファンの間では有名。過去のブログでは、家にズラリと並ぶ『ワンピース』のフィギュアの写真を投稿。さらに、ファンキー・モンキー・ベイビーズ時代には、ロジャーのフィギュアの写真と共に、彼が死に際に放った名ゼリフをもじり、『ファンモンの全てをそこに置いてきた』『世は大ファンモン時代を迎える!!!』などと投稿しており、ロジャーというキャラクターをリスペクトしている様子がうかがえます」(芸能記者)

 確かに、過去のブログを見ると、「わたくし、ファンキー加藤が“ワンピース好き”なのは、もはや周知の通り。最新刊の発売日には、ストーリーに集中するためケータイの電源を切るほどだ」などと綴っており、今回の加藤の発言が『ワンピース』の引用である可能性は高そうだ。

 今回、妻や子どものみならず、友人の柴田まで裏切る結果となった加藤。仲間の大切さを描いている『ワンピース』だが、ここから学ぶことはなかったのだろうか?

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アンタッチャブル」に関する記事

「アンタッチャブル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アンタッチャブル」の記事

次に読みたい「アンタッチャブル」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク