貯金を使い果たした“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が激白!「ビル清掃のバイトがしたい」

貯金を使い果たした“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が激白!「ビル清掃のバイトがしたい」
       

 瓜田一族に新たな構成員が加わった!――新宿を拠点に活動中の “元アウトローのカリスマ”こと瓜田純士(36)が11日、愛知から大型新人を緊急招聘。「若くてイケメンでフレンドリー」とされる新メンバーの加入により、一族の結束はさらに強固なものとなりそうだ。なお、新戦力獲得のために貯金を使い果たした瓜田は今後、アルバイトを始める予定だという。

* * *

 週末の新宿駅・東口改札付近は、若者や家族連れで大にぎわい。だが、そんな中、顔面や二の腕にタトゥーをあしらった瓜田が現れると、モーゼの十戒のように道が開けた。ヤクザをやめて10年経つが、その威圧感はいまだに健在といったところか。

 多くの通行人の視線を浴びながら改札前にたどり着いた瓜田は、サングラス越しに駅構内を睨み、こう語った。

「今日は愛知から新しいファミリーが来るので、出迎えに来ました。彼の名前は『セブン』。ウチの嫁は『七代目』と呼んでますけどね」

 愛知、ファミリー、七代目……。何やら不穏なワードが並んだが、次の瞬間、あたりはホンワカした空気に包まれた。

「おぉ、来たかセブン。カワイイなぁ。よ~し、よし♡」

 愛知のブリーダーから、生後2カ月のサバンナキャット「セブン」を手渡しで受け取った瓜田は、サングラスを外して相好を崩した。

――なぜ急に猫を飼おうと思ったのでしょう?

瓜田純士(以下:純士) 嫁が随分前から「ペットを飼いたい」と言ってたんですが、僕はずっと反対してたんですよ。「生き物は中途半端な覚悟じゃ飼えない。やめておこう」って。

――以前、ノブナガという飼い猫が行方不明になったこともありますからね。

純士 はい。その一件もあって、もう動物は一生飼うまいと心に決めてたんですが、数日前、夫婦で他愛ない会話をしてるうちに、僕のほうが突然、屈強な動物に興味津々になっちゃいまして。いまの自分が筋トレで強くなったので、「似たような相棒が欲しいな。ドーベルマンなんかいいかもね」と語り始めたんです。でも、あんなに大きな犬を我が家で飼うことはできないから、「いつか一発当てて大きな屋敷に住めるようになったら飼おうね」という夢物語で話を終わらせようとしたら、ペットショップでの勤務経験もある嫁が、空気を入れてきた(煽動してきた)んですよ。

――どのような空気を?

純士 「ドーベルマンはちっちゃいほうやで。グレートデンっていう、もっとでっかいのもおるんやで。まぁでも、純士はドーベルマンが関の山やな」と言って僕を煽るんです。調べてみたら、グレートデンは確かにでかい。海外のセレブが飼うような犬です。「こりゃ大きすぎて無理だ。死ぬまでにミラクルが起きて牧場でも持てるようになったら飼うことを考えよう」と僕がしょんぼりしかけたら、嫁がここぞとばかりに自分の欲しいものをアピールしておこうと思ったのか、「猫の世界にもこんなんおるんやで」と言って、強そうな猫の画像をスマホで見せ始めたんですよ。

――それがサバンナキャットだったんですか?

純士 最初はサーバルキャットという、世界一大きくてスタイル抜群なヒョウ柄の猫の画像を見せてきました。でもそれは数百万円もするほど高価だし、日本で飼うのは非常に難しいって話になり、次の候補としてサーバルキャットとイエネコを掛け合わせたサバンナキャットの販売情報を画像とともにいくつか見せてきた。その中で値段の折り合いがついて、なおかつ僕が一目惚れしたのが、この「セブン」でした。性別はオスです。

――セブンという名前の由来は?

純士 サバンナキャットにはF1からF7あたりまで種類があるんです。F1は第一世代で、原種のサバンナキャット。F2は第二世代で、F1とイエネコを交配させた亜種。F3は第三世代で、F2の子ども……といった具合に、数字が大きくなるほど野生の血が薄くなり値段も安くなる。ウチの子はF7なので「セブン」、第七世代なので嫁いわく「七代目」というわけです。

――猛獣の血を引くサバンナキャット。その性格は?

純士 案外、人懐っこいらしいですよ。F7ともなると見た目はほとんどイエネコじゃねえか! という声もありますけど、この端正なマスクが僕にそっくりだなって思います。

――F7とはいえ、サバンナキャットは普通の猫と比べて、かなり高価ですよね?

純士 夫婦の老後のために蓄えてた貯金の、ほぼすべてをはたいて買いました。

――奥様はそれを許可したんですか?

瓜田麗子(以下:麗子) 煽ったのは私とはいえ、純士が本気なんで、焦りましたよ。そんなに高い買い物をされたら明日からの生活が大変なので、ブリーダーに連絡を取る前に、もっと安い金額で買える他の猫の画像をたくさん見せたりして、なんとか純士の気を逸らそうと努めましたが、無駄でした。この人は思い込んだら一筋なんで。

――ということは、瓜田家の財布のヒモは旦那様が握ってるんですか?

麗子 あ、はい。

純士 いや、彼女です! 「あ、はい」ってどの口が言ってんだと、いま殺意が芽生えましたよ(笑)。普段コンビニでサンドウィッチを買うのも嫁の許可が必要で、何かを無断で買おうもんなら「それ、いくらしたん?」とあとあとしつこく尋問されるから、僕は基本、いつもお金は嫁に全部預けて、何かある度に相談して、ちょっとずつお小遣いをもらってるんですよ。関西人の嫁は、バリバリのドケチなんで。

麗子 エヘヘヘヘ。

純士 今回、セブンを買うときだって、ブリーダーとの交渉はすべて嫁に任せたんですが、まぁそのやりとりが実に巧妙で、かなりの金額を値切ってましたからね。ウチの嫁は、カネがかかることをとにかくイヤがる。贅沢しない人なんですよ。

――それだけお金にシビアな奥様が今回、猫の購入にOKを出した理由は?

麗子 私が猫好きっていうのもありますけど、猫を飼うことによって、純士がさらに丸くなって優しくなってくれるなら、という期待も大いにありますね。猫がいたら、家で暴れることもなくなるだろうと(笑)。

純士 いや、嫁が本当に心配してるのはそんなことじゃなく、今日以降、僕の愛情がすべてセブンに向かうことを心配してるんですよ。

――その逆もあるんじゃないですか? 奥様が猫ばかりをかわいがるようになり、旦那様が拗ねるという展開も。

麗子 そうや! そうや! 純士、ザマーミロ!(笑)

純士 ……そうなったら家に火ぃ着けますよ。

――何はともあれ、これからセブンくんとの長い付き合いが始まりますね。いまインターネットで調べたところ、サバンナキャットの平均寿命は17歳から20歳とのことです。

純士 なんですか、それ? ウチの子に寿命とかないですよ。絶対ないです。認めないです。フォーエバーです。不死鳥ならぬ不死猫です。

――長生きすればするほど飼育費用もかかりますが。

純士 作家業の印税収入だけだと不安なので、実は最近、セブンのエサ代のためにアルバイトを探し始めたんですよ。

――それはビックリ! どんな職種をお探しで?

純士 タウンワークやバイトルを見て、掃除のバイトを探してます。何社か問い合わせてみましたが、まだ面接まで漕ぎ着けられないですね。書類審査をパスして電話で担当者としゃべるところまではいっても、「顔にタトゥーが入ってます」と言うと、断られてしまいます。

――問答無用でアウトという感じですか?

純士 「私個人がタトゥーをOKしたとしても、取引先やお客さんからクレームが入れば、最悪の場合、取引中止になる。だから申し訳がないが雇えない」というような断り文句が多いですね。

――なぜ掃除のバイトにこだわるのでしょう?

純士 夜間のビル掃除とかだと人と会わずに済むし、掃除という作業を通じて、「心の垢を洗い落とす」という精神修行にもつながるんじゃないかと。高層ビルの窓拭きって、何か資格が要るんですかね?

――資格は要らなかったと思います。

麗子 でも窓拭きするのは日中やから、ビルの中にいる人がビックリすんで!

純士 顔面タトゥーの男が窓にへばりついてたら、やっぱ驚かれるか……。

――いっそのこと顔面タトゥーと、そのキャラクターを売り物にできるアルバイト、たとえば飲み屋さんの日替わり店長などをやってみてはいかがでしょう?

純士 目立つこと自体は嫌いじゃないですけど、働いてる最中だけは人の視線を意識したくない。「あの店に瓜田がいるらしいぜ」と冷やかしで見に来る連中がいるかもしれないと思うと、仕事に集中できないような気がします。他に何か、僕にもできそうなバイトってないですかね?

――出会い系サイトのサクラなどはいかがでしょう? PC入力のみで対面接客はないですから、服装も髪型も自由な職場が多いはず。

純士 出会い系のサクラは、実はいっぺんだけやったことがあるんですよ。といっても、実働1日でしたが(笑)。

――そのときの話を聞かせてください。

純士 懲役から戻ってきたばかりの頃の昔話ですが、のちに瓜田一族に入るAという男がいまして。このAが、まだ僕と知り合ってもいない段階から、mixiで瓜田純士のコミュニティーみたいなのを勝手に立ち上げてたんですよ。それを知った僕が、「てめえ何モンだ、この野郎!」と追い込んだら、「渋谷の出会い系の会社でバイトしてます」と言うから、「俺にもそこでバイトをさせてくれ」と紹介を頼んだのがきっかけですね。

――すごいきっかけですね。

純士 で、出勤したら、あっという間にその会社の上層部に僕の噂が広まったんですよ。「すげえガラの悪いのが来たけど、あれ、Aの知り合いなのか?」「あの人は新宿の伝説的な不良で」とかなんとか。で、社の上層部がAに対して、こう言ったんです。「実はウチの会社はいま、ある組織に因縁をつけられて数千万円タカられそうになってる。脅してきた人間と数日後に会うんだが、あのいかついタトゥーのお兄さんは我々の力になってくれないかな?」と。

――トラブルシューターとして瓜田さんを活用しようと思ったんでしょうか?

純士 話し合いの場に、僕を用心棒として連れて行こうと思ったんでしょうね。ああいう出会い系とかの会社にいる連中は、昨日までコンビニでバイトしてたような兄ちゃんが多くて、不良と揉めたときのノウハウを知らないんですよ。で、さっそく翌日、出会い系の社長室に行って話を聞いたら、バンドマンみたいなルックスの上層部の連中が「場合によっては報酬も払うので、助けてほしい」と泣きついてきた。「警察に行けば?」と言っても、後ろ暗いことがあるのか口籠っちゃう。だからとりあえず僕は、脅してる奴の名刺を見せろと言いました。で、名刺を見たらなんと、その名前に見覚えがあった。瓜田一族のBという男の父親と同姓同名だったんですよ。

――さすが、引きが強いですね。

純士 でも、そこではあえて知らないフリをして、「ちょっと時間をくれ」と言って、ビルの外に出てBに確認の電話をかけたら、ビンゴでした。「それ、ウチの親父だよ」と言うんです。僕はBに「今回だけはお前の器量で親父を止めてくれ」とお願いして、恐喝をストップさせました。値打ちをつけるために、出会い系の上層部には「知り合いの親父だった」とは言わず、「相手を調べ上げて力で押さえつけた」という形で報告しましたけどね。

――すごい話ですね。

純士 話はここでは終わりません。数千万円の損失を防いでやったのに、その出会い系の連中は、礼だけ言ってタダでやりすごそうとしやがった。だから僕は「ちょっと待て」とカマシを入れて、「俺が今後も出勤し続けたら社内の空気が悪くなるだろうから、今日限りでバイトをやめてやる。でもその代わり、週3日勤務した計算で毎月15万を1年間振り込め。謝礼金じゃなくて給料として」ということで話をまとめたんですよ。実質1日ちょっとの勤務で、180万の稼ぎになりました。

――瓜田さんがいい人なのか悪い人なのか、よくわからなくなってきました。

純士 まぁ、すべては昔話ですよ。そういう過去を洗い流すためにも、掃除のバイトをやりたいんです。タトゥーだけを理由に断られるのは、ちょっと悔しい。どうにか面接まで漕ぎ着けて会って話せば、更生してることも、真面目に働きたいっていう気持ちも、相手に伝わると思うんですが……。

――もしかして、タトゥーを入れたことを後悔してますか?

純士 してないです。一時的に「バイトの間だけ消えないかなぁ」と思うことはあっても、自分で刻んできたものに関しては自分のトレードマークですから、後悔はないです。ある新宿好きの先輩が以前、こう言ってくれました。「純士のタトゥーは、歌舞伎町の毒々しさとか、ゴールデン街の古びたドアとかポストとか、新宿二丁目のクソみたいな場所とか、大久保の怪しい路地裏とか、路上に吐かれたゲロとか、落書きだらけのガード下とか、そういったものすべての象徴だ。そういう街で育ったんだなってことが、タトゥーとして表現されている」と。うまいこと言ってくれるな、と思いました。タトゥーは僕の履歴書なんですよ。

* * *

 そうした考えに理解を示し、タトゥーを受け入れてくれる職場は果たしてあるのか? 瓜田のバイト探しは今日も続く。

(取材・文=岡林敬太)

※日刊サイゾーでは2016年より、ほぼ月イチペースで瓜田純士の最新情報をお届けしています。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。