藤原紀香の加工がエスカレート!? 今度はダレノガレ明美化で「誰だよこいつ」「腕がありえない細さ」の声
拡大する(全1枚)

 歌舞伎役者・片岡愛之助の妻で女優の藤原紀香が先月30日、ブログで公開した“自撮り”写真が、「もはや誰だかわからない」と話題だ。

 紀香は、「ハロウィン色の着物とドレス」と題し、深くスリットの入ったオレンジ色のロングドレス姿を投稿。「今月はほとんど着物を着ていましたので ファンの皆さまに ドレス姿を載せました」と綴っていることから、どうやらファンサービスのようだ。

 しかし、この写真に違和感を覚える人が続出。ネット上では、「爆笑した」「誰だよこれw」「中国人のフォトショみたい」「ダレノガレかと思った」「腕がありえない細さ」「腕、失敗してますぜ」「いい歳して、痛いわ~」「相変わらず見栄っ張りだね」といった声が相次ぎ、写真の加工が疑われている。

 紀香の加工疑惑の歴史は長い。6年ほど前に、広告代理店に勤める男性が、ブログで「昔から紀香の写真は縦に103%ぐらい伸ばして調整することになっている」と暴露したほか、紀香自身がSNSに投稿する写真にも、数年前から“シワ隠し”のためのボカシや、縦伸長といった加工を疑いたくなる不自然な写真が目立つ。

 また、最近では、今年3月にブログで公開された“背景ぐんにゃり写真”が話題に。立ち姿の脚部の背景が歪んでおり、本来より脚を細く見せようとしたのでは、と疑う声が相次いだ。

「結婚後も、PRイベントなどの仕事を積極的に入れている紀香ですが、結婚前よりも明らかにふっくらしており、特に顔はまん丸。その容姿がスポーツ紙などに報じられるたびに、ネット上では『顔パンパン』などと話題に。特に、先月17日に『芦田多恵デビュー25周年アニバーサリーコレクション』に来場した際のアンパンマンのような容姿に、ネット民が騒然。顔は下膨れが目立ち、『顔むくみすぎ』『忙しすぎて、寝れてないのでは?』と心配するファンも。そんなネットの声が、本人を過剰な加工に走らせているのかもしれません」(芸能記者)

 今年に入り、不自然さが明らかにエスカレートしている感のある紀香のブログ写真。彼女は一体、どこを目指しているのだろうか?