高校サッカー強豪校“異端の指導者”の体罰が発覚!「部員を自由にさせすぎて、コントロール不能に……」

高校サッカー強豪校“異端の指導者”の体罰が発覚!「部員を自由にさせすぎて、コントロール不能に……」

「少々危なっかしくても、“ちょい悪”でも、ちょっとセクシーな選手を輩出していけたらいい」

 そう語っていた滋賀県立野洲高校サッカー部の山本佳司総監督(53)が部員に暴力を振るったとして、県教委から厳重文書訓告を受けていたことがわかった。報道によると、昨年12月28日夜、全国高等学校サッカー選手権大会のために滞在していた都内のホテルで、酒に酔った山本総監督が男子部員2人に暴力を振るったという。県教委は3月24日付で厳重文書訓告としていたが、公表していなかった。2002年に全国高等学校サッカー選手権大会初出場を果たし、06年には優勝。その後もコンスタントに全国大会に出場してきた強豪チームだけに、驚きの声が上がっている。

 そんな“名将”がなぜ、教え子に手を上げたのか? 高校サッカー関係者に話を聞いた。

「山本さんが“名将”というより、野洲の選手の技術やスタイルは、小中学校時代に培われたもの。セゾンFCという街クラブがあり、地域一丸で子どもたちの育成を行っているんです。そもそも山本さんは、レスリング畑出身ですしね」

 山本総監督の手腕といえば、その部員たちを自由にプレーさせたことくらいだろう。ただ、先の関係者は、その放任主義が今回の事態につながったのではと分析する。

「野洲が全国優勝してから、山本さんの謙虚さがなくなったといわれています。『金遣いが荒くなった』と陰口を叩く人もいる。部員たちもやりたい放題だったようで、校内でもヤンチャだったとか。今回の問題は、自由にさせすぎた結果、部員たちが自分の言うことを聞かなくなり、それにキレた、といったところしょう」

 確かに以前、高校サッカーの内情を取材した時にも、野洲高校のいい話はあまり聞かなかった。

 山本総監督は、厳重文書訓告を受けて一度はサッカー部から離れたものの、その後、同校が保護者に対して謝罪や説明を行い、6月から総監督として復帰している。野洲高校サッカー部は、09年には部員が恐喝などの疑いで逮捕されているが、「それも氷山の一角」と語る高校サッカー関係者は多い。同部は本年度の全国大会の出場を決めているが、辞退はしない方針。全国高等学校体育連盟や日本サッカー協会は、きちんと内部調査を行うべきだろう。
(文=TV Journal編集部)

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2016年12月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。