“ゲス不倫”報道の8.6秒バズーカー・はまやねん、本業の悲しい現状「客席が静寂に包まれ……」

“ゲス不倫”報道の8.6秒バズーカー・はまやねん、本業の悲しい現状「客席が静寂に包まれ……」

 数年前、「ラッスンゴレライ」ネタでブレークしたお笑いコンビ8.6秒バズーカーはまやねんが26日、「フライデー」(講談社)の不倫報道を完全否定した。

 記事によれば、はまやねんは昨年9月、鳥取県在住の一般人女性との間に男児が生まれ、入籍したものの、なぜか公表せず。鳥取県に妻子を残したまま、東京で複数の美女と浮気を繰り返していたと報じられている。

 同誌は、chay似美女とラブホテルに入る姿をキャッチ。しかし、はまやねんは記者に「ずっと1階のスペースでお茶してました」などと釈明。自身のTwitterでも、「全くの誤解」と「フライデー」の報道を訂正している。

 デイリースポーツの取材に対しても、「ラブホには行ったが、何もせず」と、苦しい言い訳を続けてるはまやねんだが、ネット上では「クズ」「最低」といった批判と共に、「落ち目なのに、なんでモテるの?」「つまんないのに、なんでモテるんだ?」といった声が相次いでいる。

 8.6秒バズーカーといえば、言わずと知れた一発屋芸人。昨年以降、テレビで見る機会はほぼなくなり、すっかり「あの人は、今」状態となっている。

 また、はまやねんの態度の悪さは、業界内では有名。「打ち合わせで、帽子やサングラスを取らない」「イベントに遅刻する」「ADに高圧的」「そのくせ、アドリブトークができない」などと悪評が広まり、みるみる露出は減っていった。

「ネームバリューはあるので、地方営業の仕事で稼いでいますよ。デキ婚した奥さんも、学園祭の営業でファンレターを渡してきた女性だといいますから、各地で遊んでるんじゃないですか? ただ、地方でもてはやされても、ヨシモト∞ホールでは、全くウケない。8.6秒バズーカーが登場すると、客席は静寂に包まれ、地獄のような空気が漂います」(よしもと関係者)

 8.6秒バズーカーのホームは、渋谷の劇場・ヨシモト∞ホール。同劇場では、観客のアンケートと作家票による芸人のランキングシステムが設けられており、8.6秒バズーカーは上位の「セカンドクラス」に位置している。

「8.6秒バズーカーは、いくら客から不人気でも、2年間はセカンドクラスから落ちない約束が取り交わされているんです。しかし、ネタがあまりにもウケていないため、コアな客にはそんな裏工作もバレバレ。テレビ業界だけでなく、お笑いファンからもお呼びでない状態です。しかし、“デキ婚”を公表していなかったなんて、自分のことを“アイドル”とでも思っているのでしょうか……?」(同)

 テレビから消えたと思いきや、“ゲス不倫”報道で再び脚光を浴びることとなったはまやねん。生まれたばかりの息子のためにも、劇場の客を笑顔にしてほしいものだ。

















あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2017年1月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「熱愛」のニュース

次に読みたい関連記事「熱愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら