金持ちなのにマレーシア移住のGACKTは“海外初心者”!? 移住時期に重なる「疑惑の数々」との関係は……
拡大する(全1枚)

 歌手のGACKTが「5年以上前にマレーシアへ移住」と明かしたことが話題となっている。4月16日に放送のバラエティ番組『人生で大事なことは◯◯から学んだ』(テレビ朝日系)でその暮らしぶりを公開、放送前に一部メディアで取り上げられた。

 GACKTは世界各国を渡り歩いた中でマレーシアに一目惚れし、首都のクアラルンプールへ移住。「都市部はとても清潔で、都市からすぐ近くには大自然のジャングルもある」と理由を明かした。。

 これにはファンから「さすがGACKTはやることが違う!」との声が飛んでいるが、日本で海外移住セミナーを開くサポート事業者によると「マレーシア移住は、もっともベタな選択」なのだという。

「マレーシアは現在、11年連続で日本人の移住先ランキング1位ですからね。ちょっと海外旅行したことがある程度の人に向いている場所ですよ。物価が安いですし、東南アジアの中でも治安がいいですからね。でも、一番の理由は、なんといってもビザが取得しやすい点が大きいと思います。会社を定年してのんびりしたい夫婦が、マレー語はもちろん、都市部では一般的な英語が話せなくても移り住んでいますから、言い方は変ですが、移住初心者の国なんです」(同)

 中でも人気なのは、郊外にある住宅地のモントキアラや、クアラルンプールからは離れた高原リゾートのキャメロン・ハイランドだという。日本人の移住先ランキングではそのマレーシアがダントツで、2位以下から順にタイ、フィリピン、インドネシア、カナダ、ハワイ、オーストラリアと続く。

「日本人にとって東南アジアが人気なのは物価が安いからで、一般庶民でも移住が可能だからです。ただ、世界的に見れば人気なのは中南米で、パナマやコスタリカのほうが人気。特にGACKTさんのような“お金持ちのセレブ”が世界中を見た上で判断するとして、マレーシアのようなベタな選択はむしろ意外に思えますね」(同)

 そのマレーシアのビザを持ち、60カ国以上の海外取材をしているジャーナリストの片岡亮氏も「都市部がきれいで自然が近いというだけの理由なら、ほかにも選択肢はたくさんあるはず。もし僕がお金持ちで環境を好きに選べるなら、マルタやスペインでもいいと思いますから」と言う。

「マレーシアは多くがイスラム教徒で、国民性も穏やか。基本、外で酒を飲まない人々なので、バンコクみたいに明るく騒ぎたい人には不向きです。商売に関してもタイやフィリピンのような貪欲な感じがなく、お店に入っても店員が黙って座っていたりするところは、好みが分かれますよ。ただ、中国系やインド系も多い多民族国家なので、国民同士でも英語をよく使いますし、外国慣れしていない日本人でも溶け込みやすいところではあるんです。最近の急発展で日本のイオングループが進出、昔より住みやすくなっているので、海外生活に慣れてない人向きという感じはします」(片岡氏)

 GACKTは現地で豪邸を持ち、年間の半分以上をそこで過ごすというが、「GACKTさんは現地で会社を作っているというので、それだとなおビザは取りやすかったはず。あとは通貨が比較的安定していて、ビザがあれば現地で銀行口座を開けて3~5%ぐらいの高金利で預金できるメリットもあります」と片岡氏。

 ただ、GACKTのマレーシア行きに関しては、4年近く前に「週刊文春」(文藝春秋)が「国税強制捜査に“引退&マレーシア移住計画”画策中」という不穏な記事を掲載している。

 そこでは、愛人と隠し子の発覚、震災義援金の横領疑惑、国税局の家宅捜索などがあって、「GACKTを支えていたメンバーはほぼ消え」、今後はタレント活動よりビジネスに重きを置くといった話だった。

 個人オフィスを仕切っていた叔母(戸籍上は姉)も香港に拠点を移す準備をしていたというから、まるで日本から逃げたかのようにも受け取れる。

 そうなると、「都市とジャングルに一目惚れ」は表向きの理由なのだろうか? 片岡氏によると「マレーシアの一部にタックスヘイブン(租税回避地)があって、本来は日本の対策税制で節税メリットがないところ、その抜け道を作る連中には日本の怪しい実業家が接触していたりします。超有名アイドルグループのメンバーもそのひとり」というが、プライベートが謎に包まれているGACKTのマレーシア移住の真意はどこにあるのだろうか?
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)