絶滅危惧種のウミガメ38匹を“まるゆで” 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態

絶滅危惧種のウミガメ38匹を“まるゆで” 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態

 アフリカでは象牙の密猟が国際問題になっているが、中国人による希少動物の密売は止まらないようだ。

「渤湃新聞」(7月28日付)によると、広西チワン族自治区で防城港市公安当局が27日、ベトナムとの国境付近でウミガメの剥製38匹を押収した。鑑定すると、これらはタイマイであることが判明。タイマイはワシントン条約で絶滅危惧種に指定され、中国でも国家二級保護動物に指定されている。市場価格は、最高3万元(約48万円)にも達する。死因を調べると、生きたままゆでられた疑いがあるという。

 2015年にも海南省でタイマイの違法取引が発覚したが、その際の取引金額は、大ぶりのもので1万9,500元(約31万2,000円)、小ぶりのもので8,000元(約12万8,000円)だったので、その後、価格は高騰しているようだ。購入した店のオーナーは、「これは熱湯でゆでられたものだ。そうでなければ、これだけの光沢は出ない」と断言している。

 中国では、こうした希少動物の密猟や取引が後を絶たないが、インターネットがその温床となっている。「中華網」(7月25日付)などによると、広東省の警察当局は3~6月にかけ、ネットを通じた野生動物・関連製品の違法取引を取り締まるキャンペーンを展開した。同省内での刑事事件は40件を超え、1万1,720頭・匹もの野生動物と960の関連製品を押収し、その額は750万元(約1億2,000万円)に達した。

 広州市従化区で逮捕された鄧容疑者は、国家保護動物に指定されている大蛇887匹とオオトカゲ214匹を、生きたまま自宅に隠していた。これを宅配便で全国の購入者に送っていたのだという。

 また、韶関市乳源瑶族自治県では、希少動物を捕まえる様子をライブ配信していた24歳の男が捕まった。男の自宅を家宅捜索すると、国家二級保護動物に指定されているチベットモンキー1匹とコブラ74匹が見つかった。コブラは、許可証がないにもかかわらず養殖し、販売していたという。

 中国で希少動物の販売は、手軽に始められるビジネスのようだ。乱獲によって、それらが絶滅しないことを切に願いたい。
(文=中山介石)

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2017年8月1日の社会記事
「絶滅危惧種のウミガメ38匹を“まるゆで” 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    何よりも己が利益を優先させる中国人の典型。世界を喰らい尽くすまで増殖する病巣。

    1
  • 匿名さん 通報

    絶滅危惧され必死で保護してる傍でこんな事が発覚するとは…本当は喉から手が出るほどタイマイ資源を利用したい東南アジア各国に謝罪金を払うべき ただしコブラ養殖には理解を示せる、許可証は取りなさい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら