戦国史上最大の決戦に見る日本社会の原風景とは? “三成”加藤剛vs“家康”森繁の超豪華版『関ヶ原』

戦国史上最大の決戦に見る日本社会の原風景とは? “三成”加藤剛vs“家康”森繁の超豪華版『関ヶ原』

 司馬遼太郎原作、原田眞人監督の映画『関ヶ原』が8月26日(土)から劇場公開される。1600年に石田三成を中心にした西軍と徳川家康率いる東軍とが激突した戦国史上最大の野戦として知られる関ヶ原の戦いは、両軍合わせて20万人近くが動員されたスケールの大きさから映像化は困難とされてきた。NHK大河ドラマ『真田丸』では、関ヶ原での決戦シーンはわずか1分足らずで済まされてしまったほど。真っ正面から描くことが難しいこの題材を、『クライマーズ・ハイ』(08)や『日本のいちばん長い日』(15)など群像劇を得意とする原田監督は、三成=岡田准一、家康=役所広司というキャスティングで映画化に漕ぎ着けている。だが、司馬遼太郎の『関ヶ原』の映像化はこれが初めてではない。1981年にTBSが三夜連続でドラマ化しており、TBS版『関ヶ原』は“奇跡のキャスティング”と謳われるほどの超オールスターキャストだった。

 天下人・豊臣秀吉の没後、豊臣政権を守るために立ち上がる石田三成に、当時42歳で三成とほぼ同年齢だった加藤剛。そして三成の片腕となる侍大将・島左近に三船敏郎。TBS時代劇『大岡越前』でおなじみだった加藤剛と黒澤映画で大活躍した国際派スター・三船敏郎がタッグを組むという贅沢な顔合わせだった。豊臣方の大名たちを籠絡してしまう古狸の徳川家康には、日本芸能界のドン・森繁久彌。そして、家康の腹心の部下・本多正には演技派・三國連太郎佐藤浩市のパパ)。この2人が耳打ちしているだけで、物凄く腹黒い陰謀が張り巡らされているような気がしてならない。加藤剛&三船敏郎vs森繁&三國連太郎という、原作小説のイメージにとても忠実な配役。映画版では有村架純が演じた三成の愛妾・初芽には、当時28歳だった松坂慶子が起用され、加藤剛とのベッドシーンを演じている。

 他にも“文治派”の三成を嫌う“武断派”の福島正則に丹波哲郎、加藤清正に藤岡弘。親友の三成に命を預ける大谷吉継に高橋幸治、西軍の主力となる宇喜多秀家に三浦友和。そして合戦のキーパーソンとなる小早川秀秋に、『岸辺のアルバム』(77年)で注目を集めた国広富之。さらには北政所に杉村春子、淀殿に三田佳子……、という当時の人気俳優&実力俳優が目白押し。TBS30周年記念ドラマとはいえ、よくこれだけのキャスティングができたものだと感心してしまう。1600年の関ヶ原の戦いと同様に、TBS版『関ヶ原』もその時代のめぼしい俳優たちを総動員したかのようだ。“山内一豊”千秋実に手柄を横取りされる“堀尾忠氏”角野卓造など、細かい配役にまで目が行き届いている。

 映画版『関ヶ原』が上映時間2時間29分でタイトにまとめているのに対し、TBS版は第1話『夢のまた夢』1時間50分、第2話『さらば友よ』1時間50分、第3話『男たちの祭り』2時間50分、トータル6時間30分という大長尺。映画版では見送られた名エピソードの数々が、TBS版には収められている。中でも有名なのは、家康が三成たち西軍と激突する前に、東軍側の大名たちを一堂に集めた「小山評定」。家康が率いた東軍は、実は豊臣家に恩顧のある大名たちを主力にした連合軍だった。福島正則らは三成を嫌ってはいたが、東軍としての結束力には疑問が残る。そこで家康は「小山評定」の前夜、福島正則と仲のよい黒田長政を使って入念な根回しを行なっていた。

 事前の打ち合わせによって、福島正則は「小山評定」が始まるやいなや、家康側に就くことを大声で表明し、迷っていた他の大名たちもいっきに家康陣営に流れ込むことになる。「小山評定」のシーンを見ていると、大事な会議ほど声のデカい奴がその場をまとめてしまうというこの世の真理を実演してみせた福島正則役の丹波哲郎、家康の政治家としてのしたたかさを貫禄演技で示した森繁という、昭和の名優たちの存在感が印象に残る。

 そして、いよいよ関ヶ原の決戦シーン。「義のために戦う」という加藤剛演じる颯爽とした三成、その横に三船敏郎演じる頼もしい島左近が仕えていると、西軍こそが正規軍で、ひょっとして西軍が勝つんじゃないのと思えてくるほど。ただし西軍のウィークポイントは、三成の「自分は正義のために戦う。そんな自分を裏切る人間がこの世にいるはずがない」という猛烈な思い込み。頭がよく、理に適ったことしか口にしない三成だったが、人間の心がいかに弱いかを知り尽くしていた家康のような徹底した現実主義者ではなかった。合戦の序盤は、宇喜多軍や大谷軍の奮闘もあり西軍優位だったものの、西軍側であるはずの毛利軍、吉川軍、島津軍は、それぞれの陣営から一歩も出ずに両軍の激突をじっと静観しているだけだった。日本をまっぷたつに分けた関ヶ原の戦いだが、実際に戦場で血を流しているのは秀吉子飼いの大名たち同士だった。

 自分こそが正義であり、正義は必ず勝つと信じ込んでいた三成。事前の根回しによって、東軍の勝利を揺るぎないものにしていた家康。関ヶ原の戦いに出陣したにもかかわらず、最後まで態度をはっきりさせなかった毛利軍、吉川軍、島津軍……。戦国史上最大の野戦となった関ヶ原の戦いは、戦国時代の幕引きの場となったが、そこには現代の日本社会へと繋がる原風景が広がって見える。根回しや談合を得意とした家康に敗れた三成だが、最期の最期に小さな“義”に触れることになる。戦国武将とは思えない三成の真っ正直な人柄を描いたこのエピローグは、実に感動的だ。『高原にいらっしゃい』(76年)の高橋一郎、『ふぞろいの林檎たち』(83年)の鴨下信一というTBSを代表する名ディレクター2人が演出した36年前の『関ヶ原』も見応え充分の歴史ドラマである。
(文=長野辰次)

『関ヶ原』
原作/司馬遼太郎 制作/大山勝美 脚本/早坂暁 音楽/山本直純 演出/高橋一郎、鴨下信一 ナレーション/石坂浩二
出演/加藤剛、森繁久彌、三國連太郎、三船敏郎、松坂慶子、栗原小巻、杉村春子、三田佳子、竹脇無我、藤岡弘、丹波哲郎、三浦友和、国広富之、大友柳太朗辰巳柳太郎宇野重吉
収録時間/本編354分 特典映像/司馬遼太郎、森繁久彌、加藤剛が語る『関ヶ原の背景』(1980年収録) 
(c)TBS

※ 8月23日(水)、キングレコードよりブルーレイ(3枚組 税抜き14,400円)とDVD(3枚組 税抜き9,300円)発売

あわせて読みたい

加藤剛のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「加藤剛 + 徹子の部屋」のおすすめ記事

「加藤剛 + 徹子の部屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「宍戸開」のニュース

次に読みたい関連記事「宍戸開」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「六角精児」のニュース

次に読みたい関連記事「六角精児」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月21日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 加藤剛 徹子の部屋

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。