「お菓子ばかり食べて!」……女子カーリング、銅メダル獲得の快挙の裏で“試合後のある行為”が批判の的になっていた!

「お菓子ばかり食べて!」……女子カーリング、銅メダル獲得の快挙の裏で“試合後のある行為”が批判の的になっていた!

  2月24日に行われた3位決定戦で、イギリスを5対3で制し、日本カーリング史上初の銅メダルを獲得した女子カーリングチーム。長期にわたった試合も去ることながら、彼女たちの話す「そだねー」という方言、試合休憩中に軽食を取る「もぐもぐタイム」、その中で食べていたお菓子などが次々に話題となり、平昌五輪が終了した現在でも、女子カーリング人気は過熱している。

 しかしその人気の裏で、日本チームが試合後にとった“ある行動”に一部から批判の声が上がっていたことは、あまり知られていない。

 それは、2月19日に行われた第1次リーグの対スウェーデン戦でのこと。同点で迎えた最終対決にスウェーデンが痛恨のミスを犯し、日本に得点が入り、結果、5対4で日本が勝利。中継では大喜びして抱き合う日本選手たちが映し出され、観戦している側も一緒に喜びたくなるようなシーンだった。

 しかし、その映像には続きがあった。喜ぶ日本チームの真横でスウェーデン選手が淡々とリンクの後片付けを始める姿が。さらに、日本チームのストーンまで片付けてくれる様子も映し出され、これに一部から「喜ぶ前に片付けしろよ!」「お菓子ばかり食べて、片付けしないとか最低だな」など、日本チームの態度に対する批判の声が上がっていたのだ。

 なんとも、厳しい批判の声なのだが、女子カーリングに対する批判は今回だけではないよう。スポーツ紙記者は、こう語る。

「女子カーリングのファンが増える一方で、アンチも実は増えています。Twitterでは『選手たちの行動のひとつひとつが、あざとく見える』や『化粧やピアスなどで飾ってかわいく見せようとして腹が立つ』などという批判の声も見かけます」

 こうしたアンチの発生は“有名税”だとしても、そもそもカーリングの試合後には勝ったチームがシートを片付けるのが通例。日本の銅メダルも見事だが、相手の役目である片付けを淡々とこなした上、最終的には金メダルを勝ち取ったスウェーデンチームにも大きな拍手を送りたい。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2018年2月27日の社会記事
「「お菓子ばかり食べて!」……女子カーリング、銅メダル獲得の快挙の裏で“試合後のある行為”が批判の的になっていた!」の みんなの反応 16
  • 匿名さん 通報

    すぐに朝鮮を持ち出す人ってなんなの?気持ち悪い

    14
  • 匿名さん 通報

    日韓サイゾーよー、カーリング日本女子チームが食べていたイチゴは、日本の農家さんが品種改良したイチゴの可能性大なんだよー韓国は嘘歪曲捏造パクる最低最悪の民族って事を報道しろよー。

    9
  • 匿名さん 通報

    さす左派で朝鮮利益の代弁者。

    5
  • 匿名さん 通報

    チョンで嘲賎尿液の大便者。

    5
  • 匿名さん 通報

    >そもそもカーリングの試合後には勝ったチームがシートを片付けるのが通例。  じゃあ、批判は妥当なんじゃないの?

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。