『バイキング』が、いつまでも日大アメフト部問題を扱い続ける理由は“坂上忍への忖度”か?

『バイキング』が、いつまでも日大アメフト部問題を扱い続ける理由は“坂上忍への忖度”か?

 今年5月に行われた日本大学と関西学院大学とのアメリカンフットボール部定期戦において発生した日大アメフト部による悪質タックル問題。騒動から2カ月以上がたち、世間の興味も薄れているなか、今なおこの問題を熱心に扱っているのがフジテレビ系情報番組『バイキング』だ。

 日本中が猛暑に襲われた7月17日の放送では、番組前半の1時間をほぼ日大アメフト部問題に費やした『バイキング』。制作会社幹部はこう話す。

「確かに、この日は日大アメフト部の新監督に元立命館大学コーチの橋詰功氏が内定したとのニュースが流れた日で、騒動に大きな動きがあったのは事実。しかし、すでに視聴者はこの問題に飽きていて、そこまで大きく報じる必要があるとは思えない内容でした。いつまでもこの問題ばかりを扱う『バイキング』には違和感を抱きますね」

 しかし、あえてこの問題を扱い続ける『バイキング』の戦略に理解を示す声も少なくない。

「ニュース番組であれば、ニュースバリューをしっかり捉えて、どのネタを報じるかを決める必要がありますが、今のワイドショーの場合は、必ずしも“ジャーナリズム”にのっとる必要はないですからね。いかに他の番組と差別化して、独自性を打ち出していくかも重要なわけです。そういう意味では。他の番組はあまり扱わなくなった日大アメフト部問題を深く深く追及していくということも、戦略のひとつではあると思います。この問題であれば、まだそれなりに興味を持っている視聴者もいるでしょうから、まったくの新ネタを扱うよりは、ある程度数字も計算できますからね」(テレビ局関係者)

 その一方で、ずっと同じネタを扱う背景には、『バイキング』ならではの事情もあるようだ。ある放送作家が明かす。

「MCの坂上忍さんは、『バイキング』で扱うネタについてかなり周到な予習をしているんですよ。できるだけ多くの情報を頭に入れておいて、しっかり理論武装をしたうえで本番に臨むとのことです。そういう意味では、ずっと扱い続けているこのネタであれば、わざわざ予習をし直す必要がないわけで、坂上さんにとってはラクなんですよ」

 しかし、新ネタを扱うとなれば、当然予習が必要となってくる。

「坂上さんは相当忙しいので、なかなか予習に時間を割くことができないんです。そういった事情もあって、スタッフとしてもアメフト問題以外のネタに手を出しづらいということなのかもしれませんね」(同)

 実際、MC坂上忍に対するスタッフからの“忖度”は、少なからずあるようだ。

「坂上さんはちゃらんぽらんに番組をやっているように見えて、実はすべてを想定内にこなしていきたいタイプ。生放送であっても、できる限り台本通りに段取りを進めたいとのことで、ハプニングがあると機嫌が悪くなってしまうことも多いそうです。だから、スタッフとしてはできるだけ変更点がないように、常に安全策を取っているのだとか。いつまでも同じネタを扱い続けるのも、そういった坂上さんへの忖度だということなのでしょうね」(同)

 さすがに日大アメフト部問題はそろそろ打ち止めとなりそうだが、坂上がMCを続ける限り、同じネタを延々と扱い続ける『バイキング』戦略は継続しそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 坂上忍 ドラマ
  2. 坂上忍 乃木坂46
  3. 坂上忍 映画
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2018年7月20日の芸能総合記事
「『バイキング』が、いつまでも日大アメフト部問題を扱い続ける理由は“坂上忍への忖度”か?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    安倍さんの疑惑隠しかな?

    0
  • 匿名さん 通報

    そこまでタレントに気を使うんだね。アホらしい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「坂上忍 + ドラマ」のおすすめ記事

「坂上忍 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「坂上忍 + 乃木坂46」のおすすめ記事

「坂上忍 + 乃木坂46」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小嶋陽菜」のニュース

次に読みたい関連記事「小嶋陽菜」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。