恋は禁止されるほどに燃え上がるもの――ドラマ『チア☆ダン』第7話

恋は禁止されるほどに燃え上がるもの――ドラマ『チア☆ダン』第7話

(前回までのレビューはこちらから)


 最近は、アイドルの出演する恋愛映画がブームだ。それも、兄に愛されすぎて困っていたり、女子高生が警察官と恋に落ちたりと、少々トリッキーな設定のものが多く作られる傾向にある。もちろんそれらの作品も、その設定も含めて楽しめるのだが、時にはもっとオーソドックスな恋愛ものを見たくなることもある。

 ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)第7話で描かれたのは、実に古風で、王道といっていいような恋愛エピソードだった。

 前回放送から季節は変わり、春になった。わかば(土屋太鳳)たちは3年生になり、チアダンス部「ROCKETS」は、わかばの姉あおい(新木優子)の指導の下、着実に実力をつけていた。

 事故で怪我を負った顧問の漆戸(オダギリジョー)は、未だ入院中。それでも、メンバーと「夢ノート」でのやり取りを通し、指導を続けているのだった。

 ROCKETSが今目標にしているのは、「北信越チャレンジカップ」という大会。ここにはライバルの福井中央高校・JETSは出場しない。全米制覇を目指すのであれば、絶対に優勝しなければならない関門だ。

 そんな戦いを前に、顧問代理である教頭(木下ほうか)は、メンバーに「恋愛禁止」のルールを課す。望(堀田真由)をはじめとした彼氏がいるメンバーは納得いかない様子だが、学級委員長でもある麻子(佐久間由衣)は、「そういうのには興味ない」と意に介さない。

 何かを成し遂げるための恋愛禁止は、近年、アイドル界を中心に議論がされている。

「何かに集中するなら恋愛している暇などない」という意見と、「人を好きになる気持ちは止められない」という意見。どちらも正論だろう。禁止されればされるほど、より恋が燃え上がるという気持ちもわかる。

 ただ、それは例えば、モデルが体型を維持するために食事制限をするとか、受験生が寝る間を惜しんで勉強をするといったことと同じだと思う。「食欲」や「睡眠欲」も、「恋愛欲」と同じように、人間が元々持っている根源的な欲求だ。だから、それを我慢していい結果につながるのであれば、その制限は有効なものなのだ。

 おそらく、麻子も同じような気持ちであったのではないかと思う。そんな彼女に事件が起きる。練習の帰り道、2年の水嶋(遠藤健慎)からラブレターを渡されたのだ。

 この「ラブレター」というアイテムがいい。メールやLINE全盛の中で、自分で文字を書き、それを直接渡すという行為が、最初に書いた「オーソドックスな恋愛」には欠かせないのだ。

 そして、わかばと幼馴染み・春馬(清水尋也)の関係もいい感じだ。恋愛感情とまではいかないものの、彼を励ますためにお守りを渡したりする姿が微笑ましい。春馬にアタックする汐里(石井杏奈)との関係も、季節が変わった今も変わらない様子。このあたりも、往年の恋愛ドラマで欠かせないシチュエーションだろう。

 そんな時、メンバーである妙子(大友花恋)の父(星田英利)がギックリ腰になってしまい、妙子が毎日両親の店を手伝わなければならなくなる。練習では一番遅れをとっていた妙子だっただけに、他のメンバーも、大会への不安を隠せない。

 一方、突然の告白を受け、悩んでいた麻子であったが、周りに押される形で、水嶋と連絡を取り合うようになる。やりとりするうちに、楽しさを感じるようになるが、それでも、どこか迷いは消えない。

 自分が遅れをとって、みんなの迷惑になると考えた妙子は、大会には出ないことを申し出る。とにかく大会で勝つために必死になるメンバーを見て、麻子も水嶋に、もう連絡は取れないと伝える。

 妙子のことなどで悩んだわかばは、漆戸を訪ねる。そこで、言われるのだ。

「何かを手に入れるためには、必ず何かを捨てなければならないのか?」

 一見、よく聞くセリフのようなこの言葉、ここでは逆説的に聞こえる。確かに時間は有限だ。誰に対しても一日は24時間しかない。でも、何かを手に入れたり、夢を叶えたりするために必要なのは、時間だけではないはずだ。「何かを捨てれば楽に手に入る」のなら、苦労をしてでも両方を手に入れることだってできるはず。まずは、知恵を出し、工夫を凝らして、欲しいものをみんな手入れることを考えるべきだ。

 そんな思いからか、わかばは、妙子をメンバーに戻すことを仲間に訴え、案を出す。それは、妙子の実家の手伝いを、メンバーが交代で行い、その分妙子に練習をしてもらうというものだった。

 妙子も加わって順調に練習を重ねていくROCKETS。そして、迎えた大会の日。コーチのあおいは「妙子はみんなが気持ちよくやれるように気を使うことができる」と伝える。

 そうなのだ。どんなに個々人のスキルが上がっても、それをうまく回転させるための、潤滑油のような存在が必要なのだ。それこそがチームワークということなのだろう。

 ステージでは、全力のパフォーマンスをすることができ、満足感を得るメンバーたち。いよいよ結果発表。第1位として名前を呼ばれたのは、ROCKETSだった。

 結成から9カ月、ROCKETSは一つの関門を越えたことになる。

 オーソドックスな恋と、オーソドックスな展開。安心してみていられるドラマは、やっぱりいいと思う。恋をしたり、悩んだり、一人になったり、助けあったり、そして夢に近づいていく、これってやっぱり「青春」だ。

 学生時代から何十年も年を重ね、いまだにあの頃のトキメキが忘れられないおっさんドラマファンは、彼女たちの姿を見て、しみじみと青春を感じるのだ。

(文=プレヤード)

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2018年8月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら