『獣になれない私たち』新垣結衣が優しすぎ! 元カレを取られても許してしまう仰天展開にツッコミ殺到!

『獣になれない私たち』新垣結衣が優しすぎ! 元カレを取られても許してしまう仰天展開にツッコミ殺到!

(これまでのレビューはこちらから)

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第6話が11月14日に放送され、平均視聴率10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

 なぜかわかりませんが、ここに来て平均視聴率が2ケタに戻った同ドラマ。今週何が上昇の要因になったのか……。これまでと展開が全く変わっていないだけに、まったくわかりません(笑)!

 それではあらすじから振り返っていきましょう!

■呉羽にある疑惑が浮上し、心配する恒星……

 京谷(田中圭)の前で恒星(松田龍平)とキスをした晶(新垣)。それを見た京谷はショックを受け、その場を去っていてしまった。

 ある日、恒星は呉羽(菊地凛子)が偽装結婚したとの噂を耳にし、調査。すると、呉羽が前の芸能事務所から訴えられていたこと、その芸能事務所と呉羽の夫が経営する会社が業務提携を結んでいた事実を知り、ますます恒星の中で偽装結婚説が強まっていく。だが、偽装結婚の噂はウソ。呉羽は普通の結婚だと明かし、子宮全摘出したことで恒星に負い目を感じ、離れていったというのが真相だった。それを知った恒星はショックを受けるも、晶に励まされ立ち直る。

 一方、晶の方はというと、京谷と朱里(黒木華)との関係やブラックすぎる仕事で、依然悩んでいた、というのが今週のストーリーでした。

■親睦会シーンの会話テンポが良かった!

 会話シーンが多いのに、それが「全然面白くない」と不評の声が続出していた同ドラマ。ですが、なんと今回、視聴者から褒められた会話シーンがあったんです(涙)!

 それは、晶と京谷が勤める会社同士での親睦会シーン。晶の同僚・松任谷(伊藤沙莉)と京谷の後輩(吉村界人)が、男女関係のことで言い争いをするんですが、これが“何を言いたいのか”“どう話を展開したいのか”がわかりやすいと大評判。その上、松任谷と後輩くんのやり取りもテンポが良くて面白いとの声も。

 抽象的な会話だけ繰り返して、観てる人の解釈にゆだねるクラフトビールバーのシーンより全然良い! それに、メインキャラクターの晶と恒星のシーンよりも脇キャラクターの方がうまいんですよね~(笑)。

 連ドラには視聴者はまわりくどい会話なんて正直求めてないんですよね~。晶と恒星のシーンでも、ストレートでわかりやすいものをもっと見せて欲しいものです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 新垣結衣 元カレ
  2. 新垣結衣 熱愛
  3. 新垣結衣 美人
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2018年11月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「新垣結衣 + 美人」のおすすめ記事

「新垣結衣 + 美人」のおすすめ記事をもっと見る

「新垣結衣 + 熱愛」のおすすめ記事

「新垣結衣 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「上戸彩」のニュース

次に読みたい関連記事「上戸彩」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。