米倉涼子、3年連続民放連ドラのトップはならず……日テレは壊滅状態! 「2018年連ドラ平均視聴率ランキング」

米倉涼子、3年連続民放連ドラのトップはならず……日テレは壊滅状態! 「2018年連ドラ平均視聴率ランキング」

 年をまたぐ一部のドラマを除き、2018年のすべての連続ドラマが終了した。そこで、この1年にオンエアされた連ドラをランキング形式で振り返ってみたい。対象は年内に最終回を迎え、10%以上の視聴率を獲得した作品のみ(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。

 NHKの連続ドラマ小説、大河ドラマを含め、全局の連ドラで堂々のトップに立ったのは、朝ドラ半分、青い。』(永野芽郁主演)で21.1%を獲得。ヒロインの永野は高校を卒業したばかりで、撮影当時、まだ18歳の若さでありながら抜群の演技力で視聴者をクギ付けにした。その相手役を務めた佐藤健も好アシストで、高視聴率に導いた。

 2位は『わろてんか』(わかな主演)の20.1%で、16年以来、2年ぶりに朝ドラでワンツーフィニッシュとなった。しかし、その後の葵は『ブラックペアン』(TBS系)でヒロインに起用されたものの、イマイチ存在感を示せなかった。それだけに、来年の巻き返しに期待したい。

 民放トップで総合3位になったのは、松本潤主演『99.9ー刑事専門弁護士-SEASONII』(TBS系)。松本と香川照之のコンビネーションも依然絶妙で、17.6%をマーク。16年4月期のシーズン1(17.2%)の視聴率を超えたのは大いに評価されるところで、シーズン3のオンエアが待望視される。

 倉涼子が主演した新ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)は15.7%で4位。米倉は『ドクターX~外科医・大門未知子~』で、16年は民放トップ、昨年は全ドラマでトップに立っていたが、3年連続民放首位はならず。『99.9』に大差をつけられてしまったが、新作できっちり結果を出すあたりはさすが。来年10月期のテレ朝「木9」枠は、すでに米倉枠で内定しているとされるが、『ドクターX』が復活するのか、『リーガルV』続編なのか、はたまた新ドラマとなるのか、注目される。

 2クールに渡って放送されるテレ朝の鉄板ドラマ『相棒season16』(水谷豊主演)は、前シーズンと同率の15.2%で5位タイ。“相棒”が4代目の反町隆史に代わってから視聴率は落ちたが、15%をキープしているのはさすがだ。

 木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)は15.2%で『相棒』と並んだ。今や、すっかりオジサンと化した木村に体を張ったドラマは、かなり厳しいと思われた。それでも、昨年主演した『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の14.6%を上回ったのは、評価していいだろう。

 嵐・二宮和也の4年ぶりの連ドラ主演作『ブラックペアン』(TBS系)は14.3%をマークして7位。同じ嵐のメンバーである松本が主演した『99.9』と同じ「日曜劇場」枠とあって、視聴率を比較されることも多かった。数字的には松本の圧勝となったが、ダークヒーローを演じきった二宮の演技は高評価を得たようだ。

 綾瀬はるかが主演した『義母と娘のブルース』(TBS系)は14.2%を挙げて8位。一時は主演ドラマが不振に陥ったが、昨年主演した『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)も12.7%をマーク。民放ドラマで、2作連続の好結果を残したことで、“視聴率を取れる女優”として復活したといえそうだ。

 昨年3月に逝去した、故・渡瀬恒彦さんが主演していた『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)を後継した『特捜9』(V6井ノ原快彦主演)は、『9係』を超える支持を得て、14.0%をマークし、堂々の9位にランクイン。『9係』時代からの根強いファンが支えているだけに、シーズン2が放送されても、高視聴率を取るのは間違いないだろう。

 3年ぶりに続編放送となった『下町ロケット』(TBS系)は10位に入ったが、平均視聴率は18.5%→13.6%と大幅ダウン。最終回で自己最高の16.6%を記録して有終の美を飾ったのは救いだが、仮にシーズン3のオンエアがあるとしたら、脚本や演出、キャストなどを見直す必要がありそうだ。

 11位以下を見ると、例年通り、『科捜研の女』『遺留捜査』など、テレ朝のシリーズモノががぜん強さを発揮し、着実に2ケタ超えを記録。これは来年も変わらないだろう。

 近年、視聴率低迷が続くフジテレビでは、山崎賢人主演『グッド・ドクター』が下馬評の低さを覆して、よもやの11.2%をマークしてトップ。織田裕二主演『SUITS/スーツ』、沢村一樹主演『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』も共に10%超えを果たした。2ケタに乗せた連ドラは3作で、依然低調なのは確かだが、来年に向け好材料となった。

 逆にお先真っ暗なのが、視聴率3冠王の日本テレビだ。今年の最高は、賀来賢人主演『今日から俺は!』の9.9%(24位)で、オール1ケタで壊滅状態。昨年は3作が2ケタに乗せていただけに、ドラマ部門が不振を極めた。しかも、石原さとみ新垣結衣波瑠広瀬すず吉高由里子といった人気女優たちを主演に起用したドラマでも、1ケタに終わらせてしまった責任は重い。来年は巻き返しを図らないと、「バラエティーだけの日テレ」といわれかねない。
(文=田中七男)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 米倉涼子 Instagram
  2. 米倉涼子 ドラマ
  3. 米倉涼子 熱愛
米倉涼子のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2018年12月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「米倉涼子 + 結婚」のおすすめ記事

「米倉涼子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「米倉涼子 + 視聴率」のおすすめ記事

「米倉涼子 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「新垣結衣」のニュース

次に読みたい関連記事「新垣結衣」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。