前回の第2話までは「言いたいことはわかるけど、イヤなドラマだなぁ」という印象だった竹内結子主演の『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)でしたが、“フィギュアスケート界の闇”らしきアレを描いた24日放送の第3話は「話の意味はわからんが、とにかくすごい嫌いだ!」といった感じ。ちなみに視聴率は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、低空飛行。

うん、見ないほうがいいよ。気分悪くなる。振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

■時事ネタを適当に継ぎはぎしました

 第1話はアイドルとLGBT(トランスジェンダー)について、第2話は電通・はあちゅう・伊藤詩織さんあたりをトレースしてセクハラ問題と、時事ネタを積極的に取り入れているこのドラマ。この取り入れ方がものすごく雑で、モチーフにする対象をド正面から愚弄するような場面をちょいちょい挟み込みつつ、最終的にはなんか「いい感じでしょ?」みたいな雰囲気だけで納得させようとしています。

 第3話は安藤美姫とモロゾフコーチをベースに、毒親問題、枕営業、さらに今回もLGBT(ゲイ)要素を混ぜ込んでいます。



 ストーリーについては、ちょっとマジでよくわからないので詳しく書けません。まあなんか五輪金メダリストのフィギュア選手の婚約者が殺されて、真犯人がコーチでしたという話だったんですが、なんか「いい感じでしょ?」みたいな雰囲気だけで納得させようとして、盛大にスベっていました。

■竹内結子がすごく嫌なヤツに見える

 私は竹内結子大好きで、本当に美しくてお芝居の達者な女優さんだと思うんですが、今作で演じている氷見という弁護士役に限っては、ずーっとムカついております。基本的に人をバカにしているし、人が死んでいるのにニヤニヤしているし、人を傷つけることを平気で言うし、そのくせ最後には上から目線で説教をしてくるし、すごく嫌いです。お芝居が達者な分だけ、本当に嫌なヤツに見える。

 性格だけでなく、そもそもの設定も嫌です。



 今回でいえば、その金メダリストの女の子・相馬さん(白石聖)が“スキャンダル専門弁護士”のクライアントでした。

 婚約者が殺されて、警察から事情聴取を受けている相馬さん。アメリカにいる母親が末期がんなので、今すぐにでも渡米したいという。

 氷見弁護士はそんな相馬さんのために、「ほかの容疑者を探す」「世論を誘導して警察の捜査をけん制する」などを行います。その方法が、まあ陰湿なんです。ライバル選手のLINE画面を盗撮してネットに流して炎上させるとか、クライアントが子どものころ毒親にしごかれていたときのムービーをテレビ局に売って視聴者の同情を誘うとか、いちいちやることが汚い。
なんでこんなに汚い卑劣な役柄を、竹内結子というスーパー好感度女優にやらせるんだろう、と頭を抱えてしまうほどに、氷見弁護士という人物には魅力がない。見ていて不快になる。ほんとに、なんでこんな役を。

■ネット世論に迎合しているつもりなんでしょう

 第1話から一貫して描かれるのは、Twitterなどに書き込まれるネット世論がクライアントに与える影響や、そのネット世論をコントロールしようとする氷見弁護士たちの策略です。

 ドラマは、ちょっとしたことで炎上したり右往左往したりするネット世論を小馬鹿にした感じで描きつつも、その影響力を「巨大である」と認識しているようです。

 そう考えると、この妙ちくりんなドラマの正体が見えてきます。

竹内結子や斉藤由貴の立ち位置や考え方が、SNSで過激な発言をしている人たちと同じなんです。勇気を振り絞ってセクハラ被害を告発したら「売名行為だ」と誹り、テレビのワイドショーで女の子が泣いてたら「計算だろ」「あざとい女だ」と嘲笑します。モチーフも“ネット炎上ネタ”ばかり。今夜放送の第4話は「子連れで議会に参加する議員さん」。またまた炎上ネタです。

 つまりこのドラマが獲得しようとしているのは、ネットを炎上させている人たちの共感なんです。
実に驚くべきことに、テレビドラマの主たるターゲットが、炎上参加者なんです。

 なぜ驚くべきかといえば、炎上参加者なんて、人口比でいえばごく少数だからです。デジタルリスク総研に掲載された記事(https://www.eltes-orm.com/feature/id1658/)によれば、ネットユーザーの1.1%に過ぎないといいます。

 その1.1%が喜びそうなことを必死でやった結果、私たちがネットの炎上事件を見て「嫌だなぁ」と思うのと同じ感情が、このドラマを見ているときに浮かんできます。竹内結子の一挙手一投足が、とにかく「嫌だなぁ」と感じる。「別に関係ないけど、すごく嫌だなぁ」と、目を逸らしたくなる。
こんなの、稀に見る大失敗企画だと思いますよ。

 だいたい炎上ネタなんて鮮度がすべてなわけで、参加者だってタイムリーに騒ぐから楽しいんじゃないんですかね。ドラマで過去の炎上ネタを持ってきても、もう炎上させた本人たちだって忘れてるんじゃないですかね。結果、古い炎上ネタで騒ぎながら、最後には「炎上」や「炎上に振り回されること」について正論で説教するわけですから、そんなの誰が喜ぶんですかね。

 それに、日常的にネットを炎上させてる1.1%の人たちって、そもそもフジテレビを見ないんじゃないですかね。どんな番組でも「フジテレビだから見ない」っていう人たちですよね。そんな人たちに向けてドラマを作って、いったい何がしたかったんでしょう。何と戦っているんでしょう。

 フジテレビは、ネット炎上参加者に例の炎上デモをやられて、それが原因で視聴率が下がったと思ってるんでしょう。それは誤解だと思いますよ。ネットの炎上に、そんなバリューはありません。単にデモの時期と番組がつまらなくなり始めた時期が重なっただけでしょうし、なんでつまらなくなったかといえば、こんな時流を読めない的外れな企画を通してしまう責任者が存在しているからに違いありません。

 残り何話か知りませんが、今夜の第4話以降は、今ここに書いた“『QUEEN』の正体”についての分析が合っているかどうかの答え合わせになります。そして願わくば、この分析こそが的外れであってほしい。竹内結子の魅力が爆発するような、それでいて誰もが楽しめるドラマに変わっていってほしい。このままじゃちょっと、仕事だから見なきゃいけないんだけど、もう見てられないよ。うう………。
(文=どらまっ子AKIちゃん)