追突事故を起した蒼井優にチャンス到来!? 奇行続きも、後に大成した元“清純派”女優たち!

 87年にCM『三井のリハウス』の初代リハウスガールを務め、一躍脚光を浴びた宮沢。その後も映画に主演すれば『ぼくらの七日間戦争』(1988)で日本アカデミー賞新人賞を受賞し、歌手としては小室哲哉の楽曲提供により「ドリームラッシュ」でスマッシュヒット。篠山紀信撮影による「Santa Fe」(朝日出版社)ではヘアヌードを披露し、ひたすら超一流芸能人への道を歩んでいた。

 そんな宮沢のつまづきの始まりはやはり、92年の関取の貴花田(花田光司)との婚約と破局だろう。

「国民的アイドルと相撲界のスーパースターとの婚約は、当時としてはセンセーショナルな話題でした。ですが、結局は破局。その後の宮沢は自殺未遂や拒食症など、精神を病んでしまい女優業も振るわなくなってしまいました。09年には実業家の男性と結婚しますが、やはり後に離婚しています」(同)

 しかしその後、13年の舞台『おのれナポレオン』の主演・天海祐希が軽度の心筋梗塞で倒れ、宮沢が代役に抜擢。たった2日間の稽古で主役を見事演じ切ったことに称賛の声が集まり、現在では映画や舞台で女優としての地位を築いている。また、私生活では18年3月にV6の森田剛と再婚している。

 そして、俳優の堺雅人と結婚し、現在子育てで忙しい菅野美穂も、“奇行女優”を語る上で忘れてはいけない存在だ。

 92年に『桜っ子クラブ』(テレビ朝日系)の番組内ユニット「桜っ子クラブさくら組」でデビューした菅野。今でこそ演技派で知られるが、当時はいわばB級アイドルの一員であり、ダンスや歌などのパフォーマンスもこなしていた。だが、95年に朝の連ドラ『走らんか!』(NHK)への出演で注目を集めると、翌年『イグアナの娘』(テレビ朝日系)で演技力を高く評価され、女優としてブレイク。しかし97年の本人の誕生日に突然ヌード写真集を発売し、世間に衝撃を与えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 蒼井優 ドラマ
  2. 蒼井優 映画
  3. 蒼井優 熱愛
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年3月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「蒼井優 + 映画」のおすすめ記事

「蒼井優 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「蒼井優 + 熱愛」のおすすめ記事

「蒼井優 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田羊」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田羊」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。