西野カナ“結婚”はタブー破りじゃない? 関係者が「商品に手をつける」悪行三昧

西野カナ“結婚”はタブー破りじゃない? 関係者が「商品に手をつける」悪行三昧

 歌手活動を休止中の西野カナが、自身30歳の誕生日に当たる3月18日に入籍した。祝福の声が上がる一方、相手の男性がかつて彼女の担当マネジャーだったことから、芸能関係者からは、「タレントという商品に手をつけた」とタブー視する声も上がっている。

 タレントとマネジャーの結婚といえば、“演歌の女王”と呼ばれた八代亜紀やアグネス・チャンのほか、石川さゆり、沢田亜矢子、磯野貴理子(3人とも後に離婚)とこれまでも数知れない。

 以前、筆者は新人女性歌手の新曲キャンペーンで、寒い冬の北海道に同行したことがあった。耳慣れない地名のスナックで歌を披露し、レコードを買ってもらうのだが、酔客相手だから、ほとんどが真剣には聴いてくれず、レコードも買ってくれない。そんな旅が1週間近く続いた。

 やがて女性歌手も「どうしてこんなつらい目に遭ってまで、キャンペーンを続けなければならないの?」と落ち込んでくる。そこで、そばにいるマネジャーに優しくされたりすれば、恋愛感情も芽生えるものだろう。

 歌手と同じように、女優も相談相手になってくれるマネジャーに心を許すことは多々あるのだろう。筆者に言わせれば、タレントとマネジャーの結婚より、事務所のオーナーやマネジャーたちが、己の立場を利用して所属タレントや歌手を私物化していることのほうが問題だ。

 たとえば、コワモテで知られる大手プロの某社長が、これまでお気入りの所属タレントや歌手に次々と手をつけてきたのは、業界では知る人ぞ知る話だ。しかも、愛人関係になった女性が他の芸能人と深い関係になると、その仲を引き裂くだけでなく、相手タレントを潰しにかかる。

 また、同じく大手プロに所属する某マネジャーは、自社のタレントだけでなく、業務提携した弱小事務所の女性タレントに対して、仕事と引き換えに、肉体関係を結ぶ。こちらも、その女性タレントがドラマで共演した俳優と恋愛関係に発展すると、俳優をテレビ界から干したことがあった。さらに、自らがマネジメントする女性タレントが、他の男性と交際を始めて嫉妬し、脅しまがいの言葉を浴びせ、女性を自殺に追い込んだこともあった。

 ほかにも立場を利用したケースは日常茶飯事だが、メディア、とりわけスポーツ紙はこの手の話を知りながらも、長らく見て見ぬふりをしてきた。西野カナの結婚に際して、今さらしたり顔で“芸能界のタブー”などと言い募るのは、愚の骨頂。性欲に任せてタレントに手をつけることこそ、タブーだろう。

 女性タレントの私物化を黙認している限り、芸能界のセクハラはなくならない。信頼の置けるマネジャーと結婚した西野カナが、幸せになることを願いたい。

(文=本多圭)

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年3月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「結婚」のニュース

次に読みたい関連記事「結婚」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「不倫」のニュース

次に読みたい関連記事「不倫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「離婚」のニュース

次に読みたい関連記事「離婚」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。