話題の配信ドラマ『夫のちんぽが入らない』主演・石橋菜津美に漂う“暗い色気”

話題の配信ドラマ『夫のちんぽが入らない』主演・石橋菜津美に漂う“暗い色気”


 FODとNetflixにて全話配信されているドラマ『夫のちんぽが入らない』(以下『おとちん』)が素晴らしかった。

 原作は2017年に扶桑社から発売された、こだま(参照記事)による同名の小説。タイトルの通り、夫の性器を挿入することができないという困難を抱えた女性・久美子(石橋菜津美)を主人公としたドラマだが、ショッキングかつキャッチーなタイトルとは裏腹に、物語はとても地味で、じめじめとした湿気が感じられる、リアルでいじらしい作品だ。

 久美子は田舎から上京し、大学入学のために入居したアパートで、夫となる青年・渡辺研一(中村蒼)と知り合う。2人は恋人となり、数年後に結婚。教師となった久美子は仕事も結婚も一見順調に見えたが、夫の性器を挿入できないという性生活の困難は、やがて2人の日常を蝕んでいく。ある日、夫が風俗に通っていることを知った久美子は、出会い系サイトで知り合った男と性交渉を重ねていく……。

 監督は『百万円と苦虫女』等の映画で知られるタナダユキ。人間の心情を丁寧に拾い上げるタナダの作風と原作の相性はばっちりで、男女の機微が淡々と描かれている。

 何より素晴らしいのは主演の石橋だろう。本作の湿った世界観は彼女によるところが大きい。

 久美子はいつも、ぼそぼそとしゃべる。社会人になると少しは垢抜けていくが、大学時代は化粧っ気もなく、まるで小学生のよう。かわいくてスタイルもいいのに華がなくて地味だが、妙な色気があるという、不思議な存在感を漂わせている。

 本作には男女の濡れ場が多数登場するが、石橋はちゃんとヌードを披露している。男女の悲しいすれ違いを描く上でテーマと密着した重要なシーンだが、こういう場面で裸体をさらけ出せるのはクローズドな配信ドラマならではだろう。

「脱げば偉い」と言うわけではないが、本作の物哀しいセックスは、時に痛々しく見える華奢な裸体をさらけ出すことなしには成立しないものである。

 石橋は現在26歳。2008年にテレビ東京のオーディション番組『イツザイ』で選ばれ、映画『天国はまだ遠く』のスピンオフドラマ『わたしが死んでも世界は動く』(auケータイドラマ)で女優デビューを果たす。その後は『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)や『Q10』(日本テレビ系)といったドラマに出演。主演級の役はほとんどなく、女優としての活動は地味だったが、18年に吉岡里帆と共演した資生堂「エリクシール ルフレ」のCM以降、注目されるようになる。

 そして、今年NHKで新設された、よるドラ枠のドラマ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(以下『ゾンみつ』)で主演を務めた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年4月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「賀来賢人」のニュース

次に読みたい関連記事「賀来賢人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュース

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。