高田純次、追突事故トラブルに「テキトーはダメ」 その一方で被害者側にも“問題あり”との指摘も……

高田純次、追突事故トラブルに「テキトーはダメ」 その一方で被害者側にも“問題あり”との指摘も……

 5月16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、タレントの高田純次(72)が首都高で交通事故を起こし、被害に遭った20代男性とトラブルになっていることが報じられた。

 記事によると、事故が起こったのは4月14日の午後6時すぎ。首都高で高田が運転する車が男性の車の左後部に衝突したものの、高田はそのまま追い越して止まらず。男性が高田を追いかけると、高田は首都高から降りたところで下車。当初は当たっていないとしたが、話し合ううちに「いま20万円持ってます」と示談を持ちかけたとのこと。男性は頸椎と腰椎の捻挫、全身打撲傷で全治2週間のケガを負っており、高田本人、ならびに所属事務所は事故を起こしたことを認めたものの、絶対に当て逃げではないと主張。

 高田は文春の取材に対し「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と語っている。また、文春が自身の運転の危うさについて質問すると「まあ、自分で危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と話したといい、被害者の父親は「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と語っているとのことだった。

 このニュースに対し、ネット上では「けっこう好きだったから、事実ならガッカリだな」「これは、すごいイメージダウンだね。なんで逃げるかな」「普通の対応していたらテレビでタレントの高田純次さんが接触事故を起こしました、くらいで終わってたのにね」「警察沙汰になったら仕事降板とか、不安がよぎってしまったのかな? そういう時こそ逆に堂々と第三者(警察や保険会社)を間に挟んで話し合わないとダメですよ」といったツッコミの声が多く上がっている。だが、その一方で、被害者側にも問題があるとの指摘も多く聞こえているようで……。


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年5月21日の芸能総合記事
「高田純次、追突事故トラブルに「テキトーはダメ」 その一方で被害者側にも“問題あり”との指摘も……」の みんなの反応 84
  • 匿名さん 通報

    事故を起こした方が悪いけど、警察呼ばずに金銭要求して、1000万払わないから腹いせに文春にボイスレコーダー売ったり告訴するって言ったり… この被害者、親子揃って普通じゃない

    37
  • 匿名さん 通報

    示談金として1000万を要求する、会話をボイスレコーダーで録音し文春に売る、20代の息子の事故に父親が出てくる、、 なんか、いろいろと・・ね。

    27
  • 匿名さん 通報

    千万円の要求は余りにも暴利で、相手が芸能人だということから足元を見た行動で、恐喝罪に近い。 このことを指摘しないのは、客観的な考察ができていないと言える。

    22
  • 匿名さん 通報

    1000万要求する方も変だとは思うが、それを20万に値切るってギャグのつもりか喧嘩売ってるつもりかわからん。アホな要求の時点でなかったことにするのは無理だから第3者入れるだろ?普通は。

    10
  • キリー 通報

    被害者自体が変です。 当て逃げされて、相手を捕まえた…という流れなら、先ず警察呼ぶでしょ? その後やってる事も府に落ちない。 当たり屋か?たかり屋?なの…? そう思われても仕方ない事やってるね。

    10
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「楽しんご」のニュース

次に読みたい関連記事「楽しんご」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュース

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「土田晃之」のニュース

次に読みたい関連記事「土田晃之」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。