元NGT山口真帆、移籍する研音の気になるウワサ「芸能界随一の事務所といわれてますが……」

元NGT山口真帆、移籍する研音の気になるウワサ「芸能界随一の事務所といわれてますが……」

 暴行事件に巻き込まれ、NGT48を卒業した山口真帆が、大手芸能事務所・研音に所属することが発表された。

「研音といえば、唐沢寿明、山口智子、菅野美穂、川口春奈、福士蒼汰など、数多くの人気俳優が所属する超大手。芸能界の中でも一目置かれる存在ですね。山口さんとしては、最高の移籍先だと思います」(芸能事務所関係者)

 山口のように、他事務所から研音に移籍するケースは多い。菅野美穂、市川由衣、成海璃子、志田未来、福原遥などが、移籍組だ。

「研音への移籍は、いわゆる“引き抜き”も多い。でも、他の事務所であれば引き抜きに伴うトラブルもよくあるんですが、研音の場合は基本的に円満移籍となっています。元所属事務所にしっかり移籍金を支払うこともあるようですね。タレントに対してもかなり手厚いマネージメントをしていて、タレントの方から研音への不満が漏れることはほとんどない。そういう意味でも、かなりの優良事務所だと思います」(同)

 その一方で、研音を離れるタレントもいるが、研音退社後に何らかの騒動を巻き起こすことがよくあるという。

「たとえば、不倫騒動などもあって引退した江角マキコや薬物事件を起こした押尾学も元研音の所属です。いずれも研音時代にトラブルがあったわけではなく、研音を退社してから騒動を起こしている。研音は、タレントに対してしっかりマネージメントする一方で、タレントの行動をしっかり見極め、トラブルを起こす前に“見切る”ということもしているのだと思います。裏を返せば、研音を退社したタレントがいたら、何かしらのトラブルを抱えていることを意味することもあるかもしれません」(同)

 また、他事務所とも上手くバランスを取って付き合っているという。別の芸能事務所関係者はこう話す。

「同業他社とライバル関係になりそうなジャンルには、あまり手を出さない。それこそ女性アイドルがブームになって、いろんな事務所がアイドルグループをデビューさせても、研音はまったく手を出さなかった。主演クラスの俳優・女優を多く抱えているので、そういった博打に出る必要がないということもあるのでしょうが、“他社との客の取り合い”になるようなジャンルを避けているがゆえに、敵を作らず、芸能界でいいポジションを確保できているという印象です」

 まさに、山口真帆にとってはこれ以上ない移籍先となったであろう研音。今後の活躍にも期待できそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年5月31日の芸能総合記事
「元NGT山口真帆、移籍する研音の気になるウワサ「芸能界随一の事務所といわれてますが……」」の みんなの反応 2
  • ニャニャー 通報

    AKSはもう要らないと証明されたかな?それだけじゃない、ジャニーズも要らないと証明されたことになるよね・・・まほほん、あんな裏切り者のグループに居るよりずっといいと思うよ♡

    0
  • 匿名さん 通報

    研音は毎年10人前後の新人と契約して、モノにならないと1~2年で契約を切るシビアな事務所。どんどんタレント欄から消えていくけども契約終了のお知らせすらしないよ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村山彩希」のニュース

次に読みたい関連記事「村山彩希」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松岡はな」のニュース

次に読みたい関連記事「松岡はな」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。