”仲良し芸人ブーム”の逆をいく、ザ・昭和芸人「おぼん・こぼん」に脚光?

”仲良し芸人ブーム”の逆をいく、ザ・昭和芸人「おぼん・こぼん」に脚光?

 いまや「仲良し芸人ブーム」である。おぎやはぎ、さまぁ~ず、サンドウィッチマンを筆頭に、家族ぐるみの付き合いがあるバナナマン、幼なじみのカミナリ、同居して風呂にも一緒に入るガンバレルーヤ、昨日あったことを報告し合うEXIT……。ビジネスライクという言葉はどこへやら、プライベートでも親交のあるお笑いコンビが増えている。そんな中、昭和の香り漂うベテランコンビの真実に、世間は衝撃を受けた。おぼん・こぼん――。1965年、1度目の東京オリンピックの翌年に結成され、漫才ブームなどさまざまなお笑いの荒波を乗り越えて半世紀。2人の「お笑い道」に注目が集まっている。

 今の20~30代は聞いたことがほとんどないであろう、いかにも昭和のコンビという名前の2人が脚光を浴びたのは、今年2月27日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。芸人ドッキリでも数々の名シーンを生んできたキラーコンテンツ「解散ドッキリ」を浅草界隈のベテランコンビたちに仕掛けると、積み重ねた年月の分だけ切なさも増すのか検証したのだ。

 ところが、もともと「8年間プライベートでは一切口をきかない」というほどの不仲で知られた2人。案の定、仕掛け人のおぼんに解散を告げられたこぼんは、「辞めましょう。それでいいじゃん」と激怒。ドッキリとわかった後も「シャレになるドッキリとならへんドッキリがあるで」とこれまた、テレビカメラの前で本気のキレッぷりを見せた。

 芸能人に対する視聴者の興味はさまざまだ。たとえば色恋沙汰。ウワサの2人は本当に付き合ってるのか? あの夫婦は仮面夫婦じゃないのか? 離婚危機に瀕しているのでは? などなど。あるいは犯罪絡み。昔の不祥事を引っ張り出したり、「クスリやってそう」といった臆測……。そして劣化。見た目が老けた、歌の音程が狂ってる、声が出なくなったなど。そんな興味ランキングのベスト10には入ってくるのが、コンビやグループメンバーの不仲ではないだろうか?

 いまや人間関係が希薄であるため、人は他人が、特にテレビに出ている人が不仲だと余計、不安を覚えるのかもしれない。そんな世の中の潮流を受けて、仲良し芸人が主流を占めるようになった。

 もはや仲良しこそ善、不仲はダメと言わんばかりに「仲良し」が前面にうたわれるが、実はプライベートで仲が良いことはコンビのイメージアップにはつながるが、面白さとは本来別物。だが、むしろ面白さより、そちらが重視される時代になってしまった。

 そんな中で、2月の『水ダウ』に出た、おぼん・こぼんの、いくら不仲でもコンビを続けるという姿は新鮮だった。実際、この日のオンエアは世帯視聴率9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。タイムシフト(録画)視聴率が2.6%。合計12.1%を記録した。その後、ネットに出回る動画で知った視聴者も多いだろう。

 そして今月3日、『水ダウ』は催眠術で2人を仲直りさせるというお節介 な企画を立ち上げ、再びドッキリを敢行。だが、安直すぎて視聴者に展開を見透かされたのか、数字は7.2%で終わっている。

 一方、劇場は、2人のウワサを聞きつけて連日大入りだとか。さらになぜか今月1日、おぼんがユーチューバーデビュー。得意のトロンボーンの腕前を披露するなど、新展開を見せている。

 そんな2人にも、仲の良い時期はあった。舞台で着る衣装は必ずおそろいだったそうで、毎回打ち合わせをしていたが、いつしか「明日、これね」と言わなくなり 、「今はお互いバラバラ」だという。今後2人の関係が修復するかどうかは、ある意味、緊張が続く日韓関係よりも視聴者の注目を集めている。果たして、2人が再び仲良くなる日は訪れるのだろうか?

(文=都築雄一郎)

◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから◆

あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年7月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。