有吉弘行、カンニング竹山、ヒロシ……吉本興業を辞めても干されなかった芸人の事情

有吉弘行、カンニング竹山、ヒロシ……吉本興業を辞めても干されなかった芸人の事情
拡大する(全1枚)
有吉弘行

 会社に残るか出るか。極楽とんぼ加藤浩次雨上がり決死隊宮迫博之など吉本芸人たちの去就が注目されるなか、7月30日発売の「サンデー毎日」(毎日新聞出版)が吉本興業の“圧力疑惑”について報じた。これまで吉本は事務所を辞めた芸人に対して圧力をかけて干してきたという。

「記事によると、そのうちの一人が島田洋七とのこと。彼は 2004年に自叙伝『佐賀のがばいばあちゃん』(徳間書店)の文庫本が大ヒットした際、当時副社長だった大崎洋氏から印税を吉本に入れるよう説得があったそう。それを島田は『自分の力で売った』と拒否。その結果、吉本をクビになった。以降、テレビから出演依頼が来ても、『企画は潰れました』と言われ、テレビ局が吉本に忖度してその話は消滅してしまう。オスカープロモーションに移籍した今でも、そんな状況が12年も続いているといいます」(芸能記者)

 一方、現在お笑い界で活躍する人気芸人の中には、吉本を辞めた後に花開いた者も多い。

 有吉弘行は番組企画を機にオール巨人に弟子入り。しかし兄弟弟子と喧嘩をしたことから、そのまま無断で巨人の元を離れている。その後、地元の同級生だった森脇和成と猿岩石を結成し、第一次ブレイクとなった。

 竹山隆範は福岡吉本出身で、博多華丸・大吉が同期。『福岡で売れても意味がない』と、わずか1年で辞めて上京し、小学校の同級生中島忠幸と再会したことで『カンニング』を結成している。


当時の記事を読む

有吉弘行のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「有吉弘行、カンニング竹山、ヒロシ……吉本興業を辞めても干されなかった芸人の事情」の みんなの反応 2
  • ニャニャー 通報

    ネットの普及で、どんなに強い芸能事務所も悪いことだけすぐばれるよね(笑)ヤクザがバックに付いているだの、親しくない関係者が癒着しているだの・・・逆にそっちが干されればいい!

    1
  • 匿名さん 通報

    オスカー下ではお笑いが弱いから売れないわな。他は太田、ホリプロ、サンミュージックでお笑いにも強いし、吉本と勝負できるぐらいテレビ局にはパイプがある。オスカー入りも役者として入ればマシだっただろう。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「有吉弘行」に関する記事

「有吉弘行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「有吉弘行」の記事

次に読みたい「有吉弘行」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク