杏&仲間由紀恵の復帰作『偽装不倫』はなぜ視聴率が低迷? 日テレ注目ドラマの”痛恨ミス”

杏&仲間由紀恵の復帰作『偽装不倫』はなぜ視聴率が低迷? 日テレ注目ドラマの”痛恨ミス”
拡大する(全1枚)
トップコート公式サイトより

 杏が主演する日本テレビ系の注目ドラマ『偽装不倫』(水曜午後10時~)が、下馬評が高かったにもかかわらず、苦戦を強いられている。

 初回10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進し、第2話では11.2%と2ケタに乗せたが、第3話以降、9.0%→9.8%→9.4%と3週連続1ケタ台で、第5話までの平均視聴率も9.9%と10%を割り込んでしまった。

 杏は2013年後期のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインを演じ、同作は平均22.4%と大人気を博し、一躍大ブレークを果たした。その後、主演した連ドラは『花咲舞が黙ってない』第1シリーズ(14年4月期、日テレ系)が16.0%、『デート~恋とはどんなものかしら~』(15年1月期、フジテレビ系)が12.5%、『花咲舞』第2シリーズ(15年7月期、日テレ系)が14.5%と、立て続けにヒットし、“高視聴率女”と称されるようになった。

 しかし、16年5月に第1子・第2子となる双子を、17年11月に第3子を出産し、育児に重きを置くため、同作以降はドラマ出演を控えていた。今回、実に4年ぶりのドラマ復帰作とあって、日テレ、ドラマファンの期待は高かったはずだ。

 また、脇役で出演の仲間由紀恵も昨年6月に双子を出産後、『相棒season17』(テレビ朝日系)でのスポット出演で女優復帰を果たしたが、連ドラレギュラーとなると、今作が出産後初とあって、こちらも注目を集めていた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク