『Iターン』ムロツヨシのキャラ変に隠された意味

『Iターン』ムロツヨシのキャラ変に隠された意味
       

『Iターン』ムロツヨシのキャラ変に隠された意味の画像はこちら >>

 

 8月9日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第5話。今回のクライマックスは、黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知によるアカペラの熱唱と、鈴木愛理のガチ泣き、そしてムロツヨシに起こった緩やかなキャラ変だった。ストーリーに動きがなかったと思われがちだが、実はエンディングに重要なポイントが隠されていたのだ。

第5話あらすじ ムロの部下2人が初恋に破れて泣く

 竜崎組の様子を探る岩切組の桜井勇一(毎熊克哉)たち。彼らは、青葉銀行支店長の瀬戸川達郎(手塚とおる)と関東のヤクザが一緒にいるところを目撃する。後からやってきた岩切猛(古田新太)は、「この街、乗っ取られるで」と危機感を抱いた。

 一方、宣告社の阿修羅支店に突如、上司の高峰博之(相島一之)が訪ねてきた。高峰は狛江光雄(ムロツヨシ)に「青葉銀行に営業に行け」と厳命するのだ。

 その日の夜、部下の吉村美月(鈴木愛理)に相談を持ちかけられた狛江。自分が告白されるのかと思いきや、美月は同僚・柳直樹(渡辺大知)への恋心を打ち明けてきた。すると、柳がスナック「来夢来都」のホステス・めぐみ(森田望智)との同伴で店に入ってくる。美月はめぐみに「見下すなぁーっ!」と叫び、そのまま店を飛び出した。

 青葉銀行で竜崎剣司(田中圭)は瀬戸川と阿修羅駅前再開発事業の融資について打ち合わせ中。同じ時間に狛江と柳も青葉銀行に営業に来ていた。すると、タイミングよく岩切が銀行に入ってくる。言い合いになる岩切と竜崎。狛江が身を隠していると、行員が「宣告社の狛江様が面会を希望です」と瀬戸川とに話しかけ、それを機に岩切と竜崎は去っていた。


あわせて読みたい

ムロツヨシのプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ムロツヨシ + 映画」のおすすめ記事

「ムロツヨシ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「ムロツヨシ + ドラマ」のおすすめ記事

「ムロツヨシ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「斎藤工」のニュース

次に読みたい関連記事「斎藤工」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ムロツヨシ Instagram
  2. ムロツヨシ twitter
  3. ムロツヨシ ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。