『べしゃり暮らし』ウケない漫才で心が折れる描写がリアルすぎ! いたたまれなくて胸が痛くなる第3話

『べしゃり暮らし』ウケない漫才で心が折れる描写がリアルすぎ! いたたまれなくて胸が痛くなる第3話
テレビ朝日『べしゃり暮らし』

 8月10日に放送された『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)第3話。途中で目を背けたくなるほどいたたまれなくなる場面が登場した回だった。

第3話あらすじ ウケない漫才を客のせいにした間宮

 上妻右(間宮祥太朗)と辻本潤(渡辺大知)は、漫才の日本一を決めるコンテスト『NMC(ニッポン漫才クラシック)』へエントリーをすることに。辻本はNSC用に台本を用意したが、圭右は「俺たちのスタイルはアドリブだろ」と突き返した。

 NMCの予選当日、調子に乗る圭右は緊張するほかの出場者をイジって笑い飛ばしていた。本番が始まり、余裕の表情で舞台に上がる圭右。しかし、会場の空気は緊張感に満ちており、客はクスりとも笑わない。焦りを感じた圭右はマイクを頭にぶつけて失笑を買い、ついには辻本を残し舞台を降りてしまった。「客が馬鹿」とウケなかったことを客のせいにする圭右は、「漫才舐めんなや」と辻本に怒鳴られた。

 以降、学校を休むようになる圭右。幼なじみの土屋奈々(堀田真由)が心配して様子を見に行くと、圭右は実家の蕎麦屋を手伝っていた。店には蕎麦の食べ方で揉めている2人組の客が。それを見た圭右の父・潔(寺島進)は「お好きに召し上がっていいんですよ」と客に声を掛けていた。かつて、「どんな食べ方をするかはお客さんの自由だ。『客がこうあるべきだ』なんて求めるもんじゃない」と潔が言っていたことを圭右は思い出した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 間宮祥太朗 Instagram
  2. 間宮祥太朗 ドラマ
  3. 間宮祥太朗 仮面ライダー
間宮祥太朗のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年8月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「間宮祥太朗 + ドラマ」のおすすめ記事

「間宮祥太朗 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「間宮祥太朗 + 映画」のおすすめ記事

「間宮祥太朗 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大泉洋」のニュース

次に読みたい関連記事「大泉洋」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら