地元記者も大ブーイング! 京都アニメーション放火殺人事件でも”首相への忖度”が露呈か

地元記者も大ブーイング! 京都アニメーション放火殺人事件でも”首相への忖度”が露呈か

 35人もの犠牲者を出したアニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件は、7月18日の事件発生から1カ月あまりがすぎても、波紋は収まるところを知らない。

 実際、現場の献花台が取り払われた8月25日までの間、痛ましい現場となった京都市伏見区の同社第1スタジオ周辺を訪れるファンの行列は途絶えることがなかった。日本のみならず世界各地の「京アニ」ファンが哀悼の意をSNSなどを通じて発信を続けた。取材に当たった地元の民放記者が語る。

「現場を訪れた京アニのファンは口々に『元気をもらいましたから』と涙を隠そうとしませんでした。例えば、耳が聞こえず、いじめに遭った少女と加害者少年の不可思議な人間関係と人間再生のドラマを描いた京アニの映画『聲(こえ)の形』がその一例です。同じ体験を乗り越えたファンが駆けつけ、『勇気をもらった』と献花台に花を手向けている場面を目撃しました。ファンにとって、命を奪われた35人のアニメーターたちは、二度と会うことのできない、かけがえのない存在になったのでは」

 これほどの悲しみをもたらした事件でありながら、実は、35人の犠牲者の素顔のほとんどをマスコミがいまだに伝えていない。全国紙記者が言う。

「事件発生当初から、京都府警は35人の焼死者の名前を一切伏せてきたんです。15日後の8月2日になって、映画『涼宮ハルヒの消失』の武本康弘監督たち10人に限ってようやく氏名を公表したものの、この10人の遺族のほとんどを取材することはかないませんでした。府警があらかじめ『遺族の皆さまのプライバシーが侵害される恐れがあります』と説得した結果、遺族側は府警を通じて『取材拒否』の意向を示したからです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年8月28日の社会記事
「地元記者も大ブーイング! 京都アニメーション放火殺人事件でも”首相への忖度”が露呈か」の みんなの反応 24
  • 匿名さん 通報

    なんでも実名実名で被害者のプライバシー一切配慮しないマスゴミ的発想の記事

    59
  • 匿名さん 通報

    ほとんどの被害者遺族が実名報道拒否してたのマスコミはどう思ってんの? 普通の人だったら遺族のことそっとしてあげて欲しいと思うけどな これだからマスゴミって言われるんだ

    50
  • 匿名さん 通報

    記事の方向性は0点だが、1点評価できるのは、配慮不足の京都府警を抑えるよう、安倍首相が良識ある判断・指示をしたということだ。忖度とかいう問題ではない。

    31
  • 匿名さん 通報

    まーじでマスゴミやな そしてこの記事読んでもマスゴミへの悪感情沸くだけの自爆記事やし

    28
  • 匿名さん 通報

    生前に取材しろ!

    22
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら