『べしゃり暮らし』はそもそもドラマに向かない作品だった? 名作マンガ実写化の反省点を一足早く総括

『べしゃり暮らし』はそもそもドラマに向かない作品だった? 名作マンガ実写化の反省点を一足早く総括
テレビ朝日『べしゃり暮らし』

 9月7日に放送された『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)の第7話。前回(6話)のレビューにて「7話に嫌な予感がする」と書いたが、その予感はことごとく当たってしまった。

第7話あらすじ 「僕は2人のために面白い番組を企画する」

 高校を卒業した上妻圭右(間宮祥太朗)は、YCA(ヨシムラコミックアカデミー)への進学を機に一人暮らしを始める。引っ越し当日、父・潔(寺島進)は古い炊飯器を姉・しのぶ(徳永えり)に託すだけで顔も見せない。その炊飯器を開けると、中には潔からの餞別が入っていた。

 圭右は、ハガキ職人として実績のある子安蒼太(矢本悠馬)にネタ作りを依頼し、辻本潤(渡辺大知)とトリオで若手芸人の登竜門『漫才新人グランプリ』に出場することを決意。子安は、3人のグループ名を「べしゃり暮らし」と名付けた。

 YCAでのネタ見せ授業で、圭右は「げんこつロデオ」の岩隈将大(岡本智礼)とケンカ騒ぎのトラブルを起こす。一方、子安は、引っ込み思案な性格ゆえグループ内で浮いている「見切り発車」の北川千尋(Daichi)を気にかけた。自分の立ち位置と北川を重ね合わせたのだ。北川は自分を励ましてくれた子安に握手を求め、子安がそれに応えた瞬間、ロボットの効果音を口で再現。子安は「それをネタにしたほうがいい!」と北川にアドバイスし、次のネタ見せで見切り発車はロボットのコントを披露する。ネタ中に北川はロボット音を再現し、大活躍した。


あわせて読みたい

間宮祥太朗のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「間宮祥太朗 + 仮面ライダー」のおすすめ記事

「間宮祥太朗 + 仮面ライダー」のおすすめ記事をもっと見る

「間宮祥太朗 + Instagram」のおすすめ記事

「間宮祥太朗 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「近藤春菜」のニュース

次に読みたい関連記事「近藤春菜」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 間宮祥太朗 Instagram
  2. 間宮祥太朗 ドラマ
  3. 間宮祥太朗 仮面ライダー

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。