高畑充希の高視聴率ジンクスに暗雲! 主演ドラマ『同期のサクラ』低調スタートの要因とは?

高畑充希の高視聴率ジンクスに暗雲! 主演ドラマ『同期のサクラ』低調スタートの要因とは?
       
日本テレビ公式サイトより

 テレビ業界では波瑠と共に、“新・高視聴率女優”として重宝されている若手女優・高畑充希に暗雲が立ち込めた。

 高畑の主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)が9日にスタートしたが、初回視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低調な発進となってしまったのだ。同局の看板ドラマである水曜ドラマ枠で、初回が1ケタ台にとどまったのは、昨年1月期『anone』(広瀬すず主演)の9.2%以来の非常事態だ。

「『同期のサクラ』の前半部分が、テレビ朝日の鉄板ドラマで16.7%をマークした『相棒season18』初回スペシャルとバッティングしてしまった影響もあるとは思いますが、10月期の注目ドラマの一つであったのに、初回が8%台というのはなんとも低すぎる数字です」(テレビ誌ライター)

 ここ最近の日テレ・水曜ドラマ枠では、“爆死濃厚”と言われた『白衣の戦士!』(4月期、中条あやみ水川あさみ主演)でさえ、10.3%と2ケタ発進していた。それだけに『同期のサクラ』の低調スタートはかなり深刻だ。しかも、第2話がオンエアされる16日も、裏の『相棒』が2回連続で90分での拡大放送する予定で、厳しい状況が続きそうだ。

 高畑は大ヒットした、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(2016年前期)でヒロインを務めブレーク。その後、プライム帯で主演した連ドラは、『過保護のカホコ』(17年7月期、日テレ系)が平均11.5%、『メゾン・ド・ポリス』(1月期、TBS系)が10.3%と、いずれも2ケタを突破し、業界では「高畑主演のドラマなら数字が獲れる」と言われるようになっていた。


当時の記事を読む

高畑充希のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高畑充希」に関する記事

「高畑充希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高畑充希」の記事

次に読みたい「高畑充希」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 高畑充希 CM
  2. 高畑充希 Instagram
  3. 高畑充希 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。