AKB48が年間売上トップ3を独占も「曲もメンバーも知らない」と困惑の声

       
AKB48が年間売上トップ3を独占も「曲もメンバーも知らない」と困惑の声
AKB48

 今年度ナンバーワンでもお茶の間への浸透度は……。

 12月6日、『ビルボードジャパン』が2019年イヤーエンド・チャート全9部門の受賞楽曲・アーティストを発表。年間シングルセールスチャートでは、AKB48『サステナブル』が首位を獲得した。

「同曲は166万8,436枚を売り上げ、AKB48は4年連続で同チャート首位を獲得。2019年は総選挙を行わなかったものの、2位以下に20万枚以上の差をつけています。2位、3位もAKB48で、4位、5位は乃木坂46、7位は欅坂46、9位は日向坂46、10位はSKE48と、秋元康プロデュースのアイドルグループの独壇場となりました」(音楽ライター)

 しかし、トップ3が『サステナブル』『ジワるDAYS』『NO WAY MAN』と言われて、はたしてどれだけの人がピンと来るのだろうか。実際、ネット上では「マジで聞いたことも見たこともない」「歌どころか誰がいるかもわからん」「投票券無しでもこれか」「太客様がどれだけ買い占めてるんだよ」と、驚いた人が多いようだ。

「曲が売れているのでなく、握手券が売れているだけという批判は毎度のことです。日本レコード大賞候補となる優秀作品賞に『サステナブル』がノミネートされていますが、事前予想ではFoorin『パプリカ』と欅坂46『黒い羊』の一騎打ちとの声が多い。また、今年のNHK白には、坂道グループが3組入る一方で、48グループからは“本店”のみが選出。今年はNGT48の騒動があったことで48グループの“支店”メンバーは蚊帳の外となりそうです」(前出・音楽誌ライター)

 本来、売上ナンバーワングループであれば「目玉」扱いされるものだが、なんともさびしい限り。12月8日には最後の1期生だった峯岸みなみも卒業を発表。AKB48はこのまま「一人も名前を知らないけどめちゃくちゃ売れている」グループとなってしまうのだろうか。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。