子どもへの性加害を「純愛」だと主張する小児性犯罪者たち、急増する“子ども型セックスドール”が新たな加害を生み出す?

子どもへの性加害を「純愛」だと主張する小児性犯罪者たち、急増する“子ども型セックスドール”が新たな加害を生み出す?
イメージ画像/出典:Luke,Ma

「セックスもしましたよ……愛し合っているなら当然のことでしょう。それを周りの人たちが、ぶち壊したんです。私がロリコンだって……」

 大森榎本クリニック精神保健福祉部長で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏の著書『「小児性愛」という病─それは、愛ではない』(ブックマン社)の帯に書かれているこの衝撃的なセリフは、斉藤氏が勤務するクリニックで出会った男性から聞いたものだ。

 12歳の少女に性加害をした49歳の男は、そのように言って、自らの犯した罪の重大さをまったく理解してない様子だったという。おぞましい被害を受けた少女は、その後精神的・身体的バランスを著しく崩したと、斉藤氏の本の帯には書かれている。

「小児性犯罪者の傾向としては、自己肯定感が極めて低く、いじめの被害者になった経験があり、成人女性との恋愛に対しては、相手にされなかったなどの挫折体験がある。そんなタイプが児童ポルノなど何らかの「トリガー」がきっかけでそのパンドラの箱が開く。同時に、子どもを性の対象として見る人は、教職関係やスポーツコーチなど、子どもを相手とする職業に紛れ込むケースが非常に多い。そういった人は教師としては子どもを引きつける魅力(ペドフィリア・フェロモン)があり、子どもからも保護者からも人気があるケースが少なくなく、子どもは性被害を受けても逆らえず、被害を周囲の大人に申告することもできない。このような被害を受けた子どもはそのときは自分が何をされたか理解できなくても、大人になるにつれて、深刻な精神的トラウマに苦しめられることが非常に多いのです」


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「内閣」のニュース

次に読みたい関連記事「内閣」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。