【障害者殺傷事件初公判】被害者の”匿名報道”の裏に、マスコミが助長した障害者差別の歴史

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、障害者ら45人が殺傷された事件の裁判員裁判が8日、横浜地裁で始まった。殺人などの罪に問われた元施設職員・植松聖(さとし)被告は起訴事実について「(間違いは)ありません」と認めたものの、弁護側は当時の被告が精神障害の影響により心神喪失などの状態だったとして、無罪を主張した。

 逮捕直後、植松被告は「重複障害者が生きていくのは不幸だ。不幸を減らすためにやった」と自らの「正義」を語り、波紋を呼んだが、本サイトでは当時、『障害者殺しの思想』(1979年刊行。2015年に現代書館から復刊)をもとに、植松被告が語る「正義」と日本における障害者差別の歴史をひも解いた。初公判という機会に、その記事を再掲したい。
(編集部)

****

【障害者殺傷事件初公判】被害者の”匿名報道”の裏に、マスコミが助長した障害者差別の歴史
『障害者殺しの思想』(現代書館)

「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です」

 相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人の入所者を殺害した植松聖容疑者は、今年2月、衆議院議長に宛てて、このような手紙を書いている。障害者が「安楽死できる」という勝手極まりない発想だけでも身の毛がよだつが、犯行後の供述では「重複障害者が生きていくのは不幸だ。不幸を減らすためにやった」と、自らの「正義」を語っている。障害者に対する冷酷なまでのその発想は、ナチスドイツによる障害者の安楽死政策「T4作戦」にも影響を受けたとみられている。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。