落合博満のレジェンドは長嶋茂雄じゃなかった!? 五輪イヤーに注目したい“陰の主役”たち

落合博満のレジェンドは長嶋茂雄じゃなかった!? 五輪イヤーに注目したい“陰の主役”たち
BS1スペシャル『レジェンドの目撃者 三冠王 落合博満』

 オリンピックイヤー2020を迎えるにあたっての年末年始。やはりというか当然というか、各局でにぎやかだったスポーツ系番組では「オリンピック注目の……」「頑張れニッポン」的なフレーズが多かった。

 そんななか、個人的に印象に残ったのは、「オリンピック」や「2020」を叫ぶものではなく、過去の戦いぶりを振り返るもの。年末も押し迫った12月28日、唐突に始まった「NHK BS1スペシャル」の新シリーズ『レジェンドの目撃者』だ。

 第1回のゲストは、三冠王3度の日本プロ野球界のスーパーレジェンド、落合博満。タイトル通り、レジェンド落合のすごさを知る人物たちの「目撃証言」をもとに番組は進行。それらの証言を受け、スタジオの落合が「アンサートーク」を返していく、というスタイルだ。

 この番組の魅力は、肝である目撃証言の“角度と多彩さ”。対戦ピッチャー(山田久志)、対戦キャッチャー(古田敦也)、裏方(専属打撃投手)、憧れる現役選手(山川穂高と平田良介)、対峙した審判……とさまざまな角度から、落合の打撃理論、バットとの付き合い方や練習方法などが明かされていく。これだけの人数に取材をする、ということがまず実直だし、その証言を裏付けるための映像を探し当てることだって相当な労力のはず。だからこその見応えと気づきが多かった。

「バットは体の一部」と語り、太さ0.1mmの違いまでも見抜ける落合。だからこそ、かたくなにバットグローブは着けず、素手でバットを持つことにこだわってきたという。対して、現役選手の山川は「バットの先っぽに当たると痛い。だから(痛みを和らげるための)バットグローブは欠かせない」と語る。そんな現代最高のホームランバッター山川に対して、「芯に当てればいいじゃない」とさらりとつぶやくっぷりは、「まさにレジェンド」とうなってしまった。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。