新人賞を次々獲得も決め手なし!? ホリプロの“ゴリ押し女優”関水渚、ここから先が正念場へ

新人賞を次々獲得も決め手なし!? ホリプロの“ゴリ押し女優”関水渚、ここから先が正念場へ
ホリプロ公式サイトより

 綾瀬はるか石原さとみ深田恭子らを始め、数多くの女優を擁する大手芸能事務所ホリプロ所属の若手女優・関水渚への猛プッシュぶりがすさまじい。

 関水は2015年の「第40回ホリプロスカウトキャラバン」でファイナリストに選ばれたことをきっかけに芸能界入り。17年にアクエリアスのCMでデビューを果たすと、同年には漫画誌でグラビアに挑戦し、初々しいビキニ姿を披露。昨年には1,000人を超えるオーディションを勝ち抜いて、映画『町田くんの世界』(同6月公開)のヒロインに抜擢を受け、女優としての活動をスタートさせた。

 同作での演技が評価され、関水は第43回山路ふみ子映画賞、第93回キネマ旬報ベスト・テンで新人女優賞、第74回毎日映画コンクール、第62回ブルーリボン賞で新人賞を獲得した。

 1月公開の映画『カイジ ファイナルゲーム』でもヒロインを務め、5月公開予定の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』では、主人公・ダー子(長澤ひとみ)の子猫としてチームに新加入するコックリ役に起用されている。

 ドラマ界では、前クールの『4分間のマリーゴールド』(TBS系)で、主人公・みこと(福士蒼汰)が勤める横浜市消防局坂消防出張所の同僚役で初出演。今クールは、『知らなくていいコト』(日本テレビ系)で、主演・吉高由里子が演じるケイトが勤務する週刊イースト編集部の記者役で出演中だ。

「『町田くんの世界』で次々に賞を獲ったことで、今後ホリプロのゴリ押しには一層拍車がかかるでしょう。現状での演技力は可もなく不可もない感じ。出演したドラマでは2作共、たいして重要な役ではないので、今のところあらも出ていません。ただ今後、連ドラのヒロインクラスの役どころを事務所が取ってくるでしょうから、そのときこそ真価が問われてきます。正直、ルックスが秀でていいわけでもありませんし、バストが大きいワケでもなく決め手に欠ける印象。最終的に求められるのは演技力であり、どれだけ人気が出て“潜在視聴率”を上げられるかになりますね」(芸能プロ関係者)

 女優デビュー後、ここまでは順調すぎるほどの歩みを見せている関水。この先、事務所の期待に応えられるかどうか正念場になりそうだ。

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「サンミュージック」のニュース

次に読みたい関連記事「サンミュージック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「オスカープロモーション」のニュース

次に読みたい関連記事「オスカープロモーション」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スターダストプロモーション」のニュース

次に読みたい関連記事「スターダストプロモーション」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。