早くもネタ切れ!? 朝ドラ『スカーレット』、4年半ぶりに平均視聴率20%の大台割れが確実に

早くもネタ切れ!? 朝ドラ『スカーレット』、4年半ぶりに平均視聴率20%の大台割れが確実に
戸田恵梨香

 戸田恵梨香がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』の様子がどうにもおかしくなってきた。

 放送終了まで、まだ1カ月もあるというのに完全な“ネタ切れ”に陥っているのだ。第20週(2月17日~22日)は、主人公・喜美子(戸田)と、元夫・八郎(松下洸平)との復縁を匂わせるような展開で盛り上がり、週間平均視聴率も19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)と上々だった。

 ところが、第21週(同24日~29日)は、「スペシャル・サニーデイ」と題して、喜美子の幼なじみ・大野信作(林遣都)と、その妻で喜美子の妹・百合子(福田麻由子)が中心のストーリー展開で、ほとんど“スピンオフ”状態。ヒロインである戸田の出番は極端に少なく、回想シーンも多いため、最終回間近とも思えるような内容で、あと1カ月どうやってもたせるのか視聴者をやきもきさせているようだ。

 同ドラマの週間平均視聴率は、第1週が19.8%でスタート。第2週で20.2%と大台に乗せたが、それ以降、20%超えを果たした週は、第6週(20.2%)、第7週(20.0%)だけ。あと1カ月しか残されていない状況を踏まえると、全話平均視聴率で大台を突破することは、ほぼ不可能といっていいだろう。そうなると、朝ドラでは2015年前期『まれ』(土屋太鳳主演)の平均19.4%以来、4年半ぶりの惨事となる。

 朝ドラは、社会現象をも巻き起こすほどの大ヒット作『あまちゃん』(13年前期、能年玲奈=現のん=主演)以降、平均視聴率が20%超えを続け、一大台に乗せられなかったのが『まれ』のみ。このままいけば、『スカーレット』は、『まれ』以来の“不振作”となってしまうことになる。


あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 朝ドラ まんぷく

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。