小川彩佳アナ、 ママでも『NEWS23』キャスター続投は「TBSにとって苦肉の策」
拡大する(全1枚)
小川彩佳

 フリーアナウンサーで報道番組『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターの小川彩佳が2月28日、番組の公式ツイッターで第1子の妊娠を発表した。

 小川アナは「お腹が少しずつ大きくなってきているので、もしかしたらお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…(中略)この夏出産予定です」と報告。出産後も体調を考慮しながら番組に「復帰したいと思っております」とつづっている。

 また、同局も「小川さんをしっかりサポートしていく」などとコメントを発表。“小川体制”を継続することが決定的だが、TBS関係者は昨年6月にテレビ朝日を辞めたばかりの小川を起用しただけに「簡単には切れないですよ」と苦肉の策であると指摘する。

「鳴り物入りで入った割には、視聴率がよくない。そこにきて妊娠、出産ですからね。報道番組はいつ、どんな形でニュースを担当するかわからない。今、世界中を恐怖に陥れている新型コロナウイルスの件もそう。場合によっては報道特番を組まなきゃいけない状況にだってなる。ハードな現場に妊婦を置くのは本当のところ、かなりのリスクがあります」(前出の関係者)

 かといって、TBSの局アナで「代役を担える人材は育っていない」(同)というのだから結局は“小川ママ頼み”になる。周囲は何とも複雑な心境だろう。