安倍総理の思いつき休校要請から見える“国難”と決定的に損なわれてしまったもの

       
安倍総理の思いつき休校要請から見える“国難”と決定的に損なわれてしまったもの
イメージ画像/出典:longlonglong

 2月28日の夜、小学6年生の子供を持つ友人の女性から、大まかに要約すると、次のような話を聞いた。

「急に小学校最後の日を宣告されて、子供が泣いている。楽しみにしていた6年生を送る会、卒業式、すべてが中止になるのか。うちの県には感染者が出ていないのに。自分も明日がランドセル姿の見納めかと思うと動揺する。子どもたちになんと説明すればいいのか……」

 新型コロナウイルスの流行に伴い、2月28日に突然、安倍晋三総理大臣が要請した3月2日からの全国一律の休校要請を受けてのことだ。

 翌週、彼女の住む自治体は3日から春休みまでの休校を決定。結局、卒業式のみ在校生や来賓の出席をなしにするなど規模を縮小して行うことが決まったそうだ。

 あまりにも突然の休校要請がもたらした事態によって、心を痛めて悲しい思いをした子どもは全国津々浦々にいるはずだ。子育て世代であれば、身近にそういう子の話を聞くことがあるだろう。あるいは、我が子が泣くようなこともあったかもしれない。そういう子供たちに対して、「これは何より大切なあなたの健康、命を守るため、そして感染者を増やさないために仕方のないことなんだよ。子どもたちにとても残念で悲しいけれど、どうにか乗り越えよう」などと、事情を説明して慰めてあげることができれば、どれだけいいか。しかし、そういう説明ができないことが、今回の騒動の一番の問題なのだ。


日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。