新型コロナ生物兵器説に踊らされないために…陸自特殊武器専門家が解説する「生物兵器の常識」

新型コロナ生物兵器説に踊らされないために…陸自特殊武器専門家が解説する「生物兵器の常識」
拡大する(全1枚)
イメージ画像/出典:dronepc55

 世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は3月11日、ジュネーブのWHO本部で記者会見を開き、「新型コロナウイルスはパンデミックといえる」と述べて、世界的な大流行になったとの認識を示した。

 そんな中、この新型コロナウイルスについて、今インターネット上で流布している情報がある。「新型コロナウイルス生物兵器説」だ。

 多くの人は新型コロナウイルス生物兵器説を“トンデモニュース”の類いと認識しているが、その一方で生物兵器説を否定するほどの専門知識は持ち合わせてないというのが実際のところだろう。そこで本稿では、日本で唯一の生物兵器専門家集団である陸上自衛隊特殊武器防護隊関係者に話を聞いてみた。

「新型コロナウイルスを含む感染症を“生物兵器ではない”と断言することはできませんが、“生物兵器の可能性は限りなく小さい”と言うことはできます。生物兵器と断言できるのは、兵器を使用した当事者だけです」(陸自特殊武器防護隊関係者)

 陸上自衛隊特殊武器防護隊とは、核(Nuclear)兵器・生物(Biological)兵器・化学(Chemical)兵器の総称である「特殊武器」(NBC兵器)に対応する部隊で、NBC兵器により汚染された地域での偵察や除染を主な任務とする。地下鉄サリン事件(1995年)や東海村JCO臨界事故(99年)などに出動した世界的にも数少ない“実戦経験”を有する専門部隊だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク