映画「新聞記者」で快挙! シム・ウンギョン起用を推した松坂桃李の先見性

映画「新聞記者」で快挙! シム・ウンギョン起用を推した松坂桃李の先見性
松坂桃李

 2019年6月に公開された映画『新聞記者』で松坂桃李とW主演を務めたシム・ウンギョン。シムはこの作品の主演により第43回日本アカデミー賞で二階堂ふみ宮沢りえ吉永小百合を抑え、最優秀主演女優賞を受賞した。ちなみに、これまで外国人が日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したことはなく、まぎれもない快挙である。

 しかし、韓国エンタメに詳しくなければシム・ウンギョンという名前はほとんど聞いたことがないだろう。シムは10歳でドラマデビュー後、人気子役に。『怪しい彼女』や『サニー 永遠の仲間たち』といった出演映画は大ヒットし、日本版も製作されるほどになった。韓国内でも数々の賞を受賞している名実ともに人気女優なのだ。

 シムは日本でも活躍の場を求めて2017年にユマニテに所属したが、国内での大きな活躍はない。そんな状況で降って湧いた映画主演。「もちろん、理由があった」と映画関係者が話す。

 「『新聞記者』は菅官房長官と記者会見で揉めたことでも知られる中日新聞の望月衣塑子氏が原作。『加計学園問題』を下地に置いたようなストーリーは政治的メッセージを多分に帯びているので、キャストどころか監督さえもなかなか決まらず製作がかなり難航していたと業界でになっていました」

 撮影開始の1カ月半前まで監督は決まらず、望月氏を取材したドキュメンタリー映画『i-新聞記者ドキュメント-』と同じく森達也氏が監督を務める可能性さえ浮上していたのだという。


あわせて読みたい

松坂桃李のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画「新聞記者」で快挙! シム・ウンギョン起用を推した松坂桃李の先見性」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    芸能事務所所属の俳優でないと受賞できないから狙ったという火事場荒らし事情があったんですね。 オファーの内日本人女優全員に断られたわけではないとのこと。この内容で韓国人女優起用の理由が見当たらない。

    1
  • 匿名さん 通報

    http://agora-web.jp/archives/2044214.html 望月記者の危うさの記述 テレビ俳優って意味ですかね。知名度。

    0
  • 匿名さん 通報

    韓国人嫌いの日本人を存じ上げていらっしゃるのか甚だ遺憾でしかない。これでは映画の意味がない。

    0
  • 匿名さん 通報

    とぼけた松坂桃李が左なら左としてお客様感覚を忘れてフォロワー増やしをすればいい。尻が軽すぎて気持ちが悪い半端ヌードの男。はじめからお役ご免だっただろうに。真面目はない。

    0
  • 匿名さん 通報

    松坂桃李は韓国人と噂があり嫌われている。原因は多方面に存在する。

    0
この記事にコメントする

「松坂桃李 + 遊戯王」のおすすめ記事

「松坂桃李 + 遊戯王」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂桃李 + 熱愛」のおすすめ記事

「松坂桃李 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山田孝之」のニュース

次に読みたい関連記事「山田孝之」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松坂桃李 ドラマ
  2. 松坂桃李 ラジオ
  3. 松坂桃李 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。