エイベックスの松浦会長を美化しすぎ? 三浦翔平の“王子風”役柄に一斉ブーイング

エイベックスの松浦会長を美化しすぎ? 三浦翔平の“王子風”役柄に一斉ブーイング
拡大する(全1枚)
テレビ朝日公式サイトより

 各局のドラマの初回放送が延期になる中、昨年発売された歌手・浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)を元にした同名のドラマ化作品(テレビ朝日系)が18日から放送される。

 浜崎が、育ての親で音楽プロデューサーのエイベックス・松浦勝人会長と交際していた過去を告白して話題となった同小説。ドラマでは、浜崎がモデルとなっているアユ役を歌手・安斉かれんが、松浦会長がモデルのマサ役を俳優・三浦翔平が務め、2人はW主演となる。

「予告編を見ると、その売り出し方法から“バーチャル説”も流れた安斉だが、映像を見ると実在していたようですね。大方の予想通り主役に抜てきされたが、歌唱シーンなどは若い時の浜崎そっくりでハマリ役です」(音楽業界関係者)

 一方、マサ役を演じる三浦だが、どう見てもそのビジュアルはまったくスキのない“イケメン王子”風。当時、出会った頃の浜崎からすればそう見えたのかもしれないが……。

「当初、三浦の名前が発表された際、『あまりにもビジュアルを美化しすぎているのでは』との大ブーイングが業界内外から上がっていた。そういった批判的な声にもかかわらず、松浦会長はご満悦なのでしょうが……」(同)

 三浦がどう演じるかが気になるところだが、実は松浦会長を演じる役者は2人目だという。

「1999年に松浦氏の立身出世の道のりを描いた映画『ドリームメーカー』が公開されたが、主人公・杉浦マサト役を演じたのがDA PUMPのISSA。ISSAは、身長は松浦氏とそこまで変わらないが、ビジュアルはかなり盛りまくっていた。ちなみに、同作のヒロインは、不倫騒動で現在は開店休業中の上原多香子でした」(芸能記者)

 三浦とISSA、どちらがリアルな松浦氏により寄せているのか気になるところだ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

三浦翔平のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三浦翔平」に関する記事

「三浦翔平」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三浦翔平」の記事

次に読みたい「三浦翔平」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク